ベティス、敵地でミランを撃破!乾は出場せず/ELグループF第3節

現地時間25日、ヨーロッパリーグ・グループF第3節、乾貴士の所属するベティスは敵地サン・シーロでミランと対戦し、2-1で競り勝った。
開始早々にGKペペ・レイナのパスミスからベティスにチャンスが訪れたが、アルナウド・サナブリアのシュートは枠を捉えられず。その後はやや膠着した展開になるものの、ボールの動かし方、前線への飛び出し、プレスの連動性など、ホームのミランよりもむしろベティスの方が自分たちのペースで試合を進めることができているようだった。すると迎えた30分、ペナルティーエリア左でジオバニ・ロ・セルソがクリスティアン・サパタをかわしてゴール前に折り返すと、ニアサイドでサナブリアが押し込んでベティスが先制する。
さらに33分、左サイドに開いてボールを受けたジュニオル・フィルポのアーリークロスを中央で受けたセルヒオ・レオンのシュートはGKレイナがはじくも、こぼれ球をサナブリアが押し込んで追加点かと思われたが、オフサイドによりノーゴール。36分にも、レオンが高い位置でボールを奪い、ドリブルで仕掛けて右にラストパス。
38分には、左サイドを抜けたロ・セルソのクロスをファーサイドでフリーとなっていたサナブリアがボレーで捉えるが、これも枠を捉えられない。42分、ロングパスにロ・セルソが抜け出し、GKレイナもペナルティーエリアを飛び出す。先にボールに触ったのはロ・セルソだったが、レイナが体でブロックしてクリア。
ベティスはハンドを主張したが、主審は認めなかった。ミランの決定機は前半終了間際の45分、ここまで見せ場のなかったゴンサロ・イグアインがマルク・バルトラと入れ替わってエリア内に侵入。GKパウ・ロペスもかわすが、戻ったアイッサ・マンディがギリギリのところで体を寄せてシュートを打たせず。
フラストレーションを溜めたイグアインはファールをアピールしてマンディに突っかかり、イエローカードを受けてしまう。ベティスが1点をリードして迎えた後半、むしろ1点差で済んで助かったという内容のミランはティエムエ・バカヨコとファビオ・ボリーニに代えてパトリック・クトローネとスソを投入。明確に点を取りに行く姿勢を見せる。
54分、バイタルエリア手前でボールを回しながら攻めどころを伺い、クサビのパスを起点にしてペナルティーエリア手前でボールを回しながら攻めどころを伺い、クサビのパスを起点にしてペナルティーエリア手前でボールを受けたロ・セルソが左足を一閃。見事にコントロールされたシュートが左のポストを叩いて決まり、ベティスが待望の追加点を手にする。
人数をかけて攻めたところを奪われて逆に危険なカウンターを浴びてしまう。リードしているベティスは67分、レオンに代えてクリスティアン・テージョを投入。しかし、リード故の気持ちの緩みか、イージーなミスが増え、徐々にミランがペースを取り戻していく。
そして73分、サムエル・カスティジェホのミドルシュートが右のポストを直撃。個の力によって唐突にチャンスを演出し、流れを引き寄せる。79分、サナブリアに代えてロレン・モロンを投入したベティスに対し、流れを引き寄せる。
すると83分、ペナルティーエリア内右に侵入したカスティジェホの折り返しを、クトローネが押し込んでミランが猛攻を仕掛けるが、ベティスも必死の守備で耐えしのぐ。89分にはペナルティーエリア内でクサビのパスを受けたカスティジェホがDFと縺れて倒されるが、主審は笛を吹かなかった。
アディショナルタイムは6分と長めに取られたが、4分に足裏を見せた危険なタックルでカスティジェホが退場処分を受け、反撃ムードに水を差された10人のミランは同点ゴールを奪うことができず。ベティスが2-1で逃げ切った。ベティスが2-1で逃げ切った。

 
ref
 

あたぽん @xtw250

バルサは先日のベティス戦で、カンプノウで敗北を喫してから変わったね あの敗戦を糧にして活かしている! 失点が本当に少なくなったなぁ セビージャとアトレティコが引き分け、そしてマドリーが敗れたので、今日勝てればさらに首位の座を盤石に!

スペイン語教室ANC 大阪 翻訳 通訳 講師派遣 オンラインレッスン @spanish_info_

スペイン紙が去就不透明バルベルデ監督の後釜をアンケート! 2位はベティス指揮官 - ニコニコニュース

エンタメスクランブル@ @entamescramble

【サッカー日本代表】 乾貴士は、 実は離婚寸前だった? 情報はこちら → ワールドカップ 大迫 本田圭佑 長友 原口 決勝 トーレス イニエスタ スペイン ベティス 入団 長谷部

ニュース速報(一般紙系) @FastNewsJP_

[時事]乾は出場せず=スペイン・サッカー サッカーのスペイン1部リーグで9日、ベティスの乾貴士はホームのバリェカノ戦でベンチに入ったが、出場機会はなかった。チームは2―0で快勝した。

yuumi_hosino @yuumi_hosino

PEACH ちゃんねるⅡ: 【サッカー】リーガ第15節 乾貴士が移籍後初めて3試合出番なし…連勝ベティスは7位浮上 8試合0

フジエ @fujiesta_017

ベティス対ラージョ ハイライトだけ視聴 ・相変わらずのパウ神 ・FWよりも点取るロチェルソ ・CBシジネイ、流石ブラジル人テクニックで今季初ゴール←これ凄いから見て欲しい ・ベティコのクリスマスソング

玲志 神ってルビィ@1/4初日舞台挨拶1回目参戦!! @Reiji_Rubz0921

ニューカッスルはウルヴスに1-2で敗戦。武藤は出場せず。 アンデルレヒトはシャルルロワと1-1で引き分け。森岡は3-4-3のCFで後半30分までプレー。 オイペンはヘントに0-2で敗戦。豊川は4-1-4-1の1トップで後半42分までプレー。 ベティスはラージョに2-0で勝利。乾は出場せず。 #海外サッカー結果

三河の狂犬 @issy0214

ラージョvsベティスは枠内シュートゼロの華のない試合運びで前半終了。 FWが点数を決めない稀有(でもないか)なチームに仕上がっている。

このは @inaka_gurashi_

試合が終わる頃にはベティスとラージョについてめちゃくちゃ詳しくなると思うから、分からない事はなんでも聞いてね!(嘘です 記憶力0%です

ジョニー @yutaryota1000

今季のベティスはシーズン最少得点を記録するんじゃないかってぐらい得点のにおいがしない。得点の形が見えない。 過去にもそんなチームは山ほどあったけど、ベティスが罪なのはそこそこの選手は揃っているということ。これで可能性のない横パス回しからのミス…、ベティコの我慢はいつまでもつのか。

佐久間 大樹 @heroj505

ロレンソ・セラ・フェレール「サッカーでは、毎回“強いチーム”が勝つんじゃない。より強く勝利を望んだチームが勝つんだ」(ベティス監督、チェルシーに勝利し)

コアラン @koalanApp

ほう、 「ベティス、敵地でミランを撃破!乾貴士は出場せず/ELグループF第3節...」 (by News - 日本語) 仕事もがんばるか、、、。 フットサル見たい フットサルしよう サッカーnews

サッカー情報速報 @ChanellGambrel

サッカー情報速報 : 【EL】ベティスが敵地でミランに勝利!乾貴士は出番なし…

コメントは受け付けていません。