バルサ、凶暴ベラルディの獲得を検討か

イタリアの複数メディアの報道によると、FCバルセロナがサッスオーロの24歳のストライカー、ドメニコ・ベラルディに関心を寄せているという。
ドメニコ・ベラルディは現在、右ウイングでプレーしているものの、バルサは左利きで高い身体能力を持つ彼をルイス・スアレスの代役に考えている。今シーズン、ベラルディはサッスオーロの議論の余地のないレギュラーとして9試合で4ゴール1アシストを記録している。しかし、ベラルディはその激しさも目立つ選手である。
彼は2013/14シーズンにセリエAデビューを果たして以降、合計レッドカード5枚、イエローカード54枚を受けている。2022年まで契約を残すベラルディの移籍金は約2,500~3,000万ユーロ(約32億円~38億円)になると予想される。FCバルセロナはマルロンの移籍で築いた関係値によってアドバンテージを持つが、モンチ率いるローマも同選手獲得に全力を尽くしてくるだろう。

 
ref
 

セナニスタ @kondog_GK7

ムリージョ、2年半バレンシアに在籍して20試合しか出れてないのに、よくバルサは目をつけたよな。

コメントは受け付けていません。