日本代表FW北川が4戦連発!鄭大世も今季2点目で清水3連勝!一方の広島は3連敗喫す

[10.20 J1第30節 清水2-0広島 アイスタ]  J1リーグは20日、第30節2日目を行った。
対する広島は、前節・柏(0-3)に敗れ、2連敗で4試合未勝利(1分3敗)スタメンはこちらも1人入れ替え、MF柏好文に代わってMF川辺駿が8試合ぶりに名を連ねた。スコアは前半19分に動いた。
右CKを獲得した清水は、キッカーのMF石毛秀樹が意表をついたグラウンダーのクロスを入れると、ペナルティーアーク付近からニアに走り込んだFW北川航也が右足ミドルシュートを放つ。
しかし、GKと1対1の状況から左足を振り抜くもGK六反勇治のファインセーブに阻まれた。追加点が欲しい清水だが、前半34分にアクシデント発生。
出番が回ってきたクリスランが右腿裏を痛め、PA内で倒れ込んでしまう。そのまま担架でピッチ外に運び出され、FW鄭大世のリーグ戦出場は、5月20日の第15節・川崎F戦(0-3)以来、約5か月ぶりとなる。
1点リードで後半を迎えた清水は、2分にハーフェーライン付近で北川が左サイドに展開し、石毛のスルーパスを受けた北川が左サイドに展開し、石毛のスルーパスを受けた北川が左サイドに展開し、石毛のスルーパスを受けた北川がPA手前で態勢を崩しながら、右にラストパス。これを鄭大世のゴールは4月28日の第11節・柏戦(2-0とリードを広げる。
2点差となった広島は後半4分、工藤に代えて FWティーラシンを投入。すると7分にティーラシンに決定機が訪れる。PA左のDF佐々木翔のクロスをPA手前で受けたティーラシンがシュートフェイントから縦に仕掛けて左足シュート。
チャンスだったが、角度がなくなってしまい、GK六反に阻まれる。11分には、攻撃を活性化を狙い、MF稲垣祥に代えて柏を入れた。早い時間に1点を返したい広島。
後半23分、PA左でボールを受けた川辺が左足で鋭いシュートを放つが、GK六反に弾き出された。
後半アディショナルタイム2分にもGK六反のファインセーブが生まれた清水が、2-0のまま完封勝利。今季2度目の3連勝を飾った。一方の広島は3試合無失点で3連敗。
5試合白星なし(1分4敗)となった。

 
ref
 

陽和 @hiyorin818

U-19日本代表練習の様子② 1VS1のトレーニングでは激しいバトルが! 滝裕太(清水エスパルス)VS荻原拓也(浦和レッズ) 齊藤未月(湘南ベルマーレ)VS山田康太(横浜Fマリノス) 安部裕葵(鹿島アントラーズ)VS三國ケネディエブス(青森山…

そうそう @sousou036

元日本代表の36歳FW田代有三が現役引退。「最高なサッカー人生でした」

海斗 @kaito617

【定期post】日本代表編小説「The genius&039;s shine2」&「The Heroine&039;s smile(第2章)」、世界に羽ばたく達哉と吾郎たち!応援する美咲と吾郎の彼女になった薫!夢いっぱいの青春ストーリー!

パユパユ @u50hzebEtq1GTpe

なぜ日本はカルトの台頭を許したか 1. 1億の有権者のうち投票する先を見出せない4000万人が無党派となり棄権しているため(相対的にカルトの力を著しく強めた) 2. 得票率48%で76%の議席を占有できてしまう小選挙区比例代表並立制に…

コメントは受け付けていません。