サッカー日本代表、進んだ「融合」 経験「継承」も

サッカー日本代表は、4-3で勝利した16日の国際親善試合のウルグアイ戦で、若手とロシアW杯の主力組との世代間融合に進歩が見られた。
ピッチ上でお互いを知り、連係を深める時間は限られ、食事の時間はそれを補う絶好の機会。「話しづらさがあると力を出せない。」
堂安(フローニンゲン)は「コミュニケーションをとることで、ピッチの中で要求もできる」と強調した。主力組の配慮もあった。13日には槙野(浦和)と大迫(ブレーメン)を中心に、選手だけで焼き肉を食べ、決起集会を行った。
ウルグアイ戦で、左サイドで長友(ガラタサライ)と好連係を見せた中島(ポルティモネンセ)は「気を使って声をかけてくれる」と感謝した。経験の「継承」も進んだ。W杯で世界の強豪と戦い、欧州主要リーグで活躍する主力組から、若手は成長への金言を受けた。
「ステップアップの話はいろんな人に聞いた。数字にこだわる必要があるといわれている」とはオランダ1部でプレーする堂安。19歳の冨安(シントトロイデン)は筋力アップを助言され、「もっと体重を増やさないとと自らに課した。
2連勝の結果だけではない大きな収穫があった。

 
ref
 

まいりゅう@茨城県龍ケ崎市マスコットキャラクター【公式】 @machidukuri1

まいりゅうだよ~ん。 土曜日、たつのこフィールドでサッカー観戦~。 流経大が筑波大と対戦して、ロスタイム劇的PKで同点に追いついたよ。 サッカーといえば、流経大出身の 守田英正 選手が日本代表に選出っ! 龍ケ崎出身の 中山雄太 選手はU-21日本代表! 頑張れっ! 龍ケ崎 frontale reysol

コメントは受け付けていません。