レヴァークーゼン、クロアチア代表DFイェドヴァイと23年まで契約延長

レヴァークーゼンは17日、クロアチア代表DFティン・イェドヴァイとの契約を2023年6月まで延長したと発表した。
現在22歳のイェドヴァイは、ディナモ・ザグレブの下部組織出身。17歳でデビューを飾り、ローマを経て2014年にレヴァークーゼンへ移籍した。加入1年目から22試合に出場したが負傷癖を克服できず、昨シーズンまでの4年間でブンデスリーガ通算65試合の出場に留まっている。
しかし2018FIFAワールドカップロシアのクロアチア代表メンバーに選出されるほどの活躍を見せた、昨シーズン後半のパフォーマンスが評価されての契約延長となった。

 
ref
 

むぅ @muu__0623

レヴァークーゼンから世界の若手DFでトップ3に入ると言われたレトソス、中国から絶頂期のカラスコ、トルコからクロアチア代表経験のあるヨイッチを獲得 契約切れのタイミングで中村敬斗、井手口、橋本拳人を獲得。 U-18トルコ代表のトスンがレンタルから復帰 完璧な補強や

kicker|ブンデスリーガ日本語版 @kicker_jp

【レヴァークーゼン】クロアチア代表ティン・イェドヴァイとの契約を延長

コメントは受け付けていません。