1102日ぶり弾のスターリング&ケインがスペイン戦で“初体験”

UEFAネーションズリーグでスペイン代表を3-2で下したイングランド代表。
前半16分にFWマーカス・ラッシュフォードのスルーパスからFWラヒーム・スターリングが先制点を挙げると、29分には、ケインの折り返しをスターリングが右足で合わせ、3-2で逃げ切った。
「オプタ」によると、イングランド代表で2015年10月9日のエストニア戦以来1102日ぶりのゴールを決めたスターリングは、46試合目の出場で初めての1試合で2アシストは初めてのことだという。イングランドはこの勝利で今大会初白星。
負ければ降格の危機だったが、2連勝中だったスペインを下したことで、準決勝進出の可能性も出てきた。

 
ref
 

ゲキサカ @gekisaka

1102日ぶり弾のスターリング&ケインがスペイン戦で“初体験” gekisaka

コメントは受け付けていません。