グアルディオラ、バルサ監督時代を振り返る「人生で一度きりの化学反応だった」

マンチェスター・シティのジョゼップ・グアルディオラ監督が、バルセロナ指揮官時代を振り返った。
イタリア北部のフットボールイベントに参加したグアルディオラ監督は、その当時について「人生で一度きりの科学反応」と振り返った。「バルセロナではチャビ、イニエスタ、バルデスと7~8歳で下部組織に加わった選手ら7人とともに2度のチャンピオンズリーグ優勝を果たした。あれはスターたちのコンビネーションであり、人生で一度きりの科学反応だ「クラブは下部組織のチームから率いてきた私を信頼し、選手たちの親和力は素晴らしかった。
私たちは偉大な選手を獲得する金があり、そして世界最高の選手(FWリオネル・メッシ)も擁していたんだよ。あれは人生で一度だけしか起こらないグアルディオラ監督はまた、メッシについて「獰猛で競争的な動物」や「敗戦を何より嫌悪」する選手と発言。そしてバルセロナにパスサッカーの哲学を植え付けた故ヨハン・クライフについては、次のように語った。
「クライフは私たちに違う形でフットボールを理解させてくれた。私たちは勝利を重ねたが、彼はなぜ私たちが勝利できるのかを教えてくれたんだよ。彼が私たちにこのゲームを愛させてくれたんだ」。

 
ref
 

けんけんjuventini @CR7_Juve

【 JP】 グアルディオラ、バルサ監督時代を振り返る「人生で一度きりの化学反応だった」

コメントは受け付けていません。