鳥栖 GK 権田修一(ごんだ しゅういち) 代表入り!

鳥栖GK権田代表入りで「元気なプレー見せ恩返し」

<明治安田生命J1:東京に打たれたが、好セーブを連発。
3失点した8月19日の名古屋グランパス戦を除けば、リーグ戦はここ6戦で5完封。
同22日の天皇杯4回戦・ヴィッセル神戸戦も3-0で完封勝ちと好調を維持し、代表入りを果たした。
この日、古巣の味の素スタジアムのピッチに立ち、格別の思いを抱いたようだ。
「代表がある、ないは別にして、ここで試合をするのは特別なことだと感じました。
鳥栖でプレーしています。
その上で「僕がFC東京の育成組織で育ったのは僕だけ。
SVホルンでも1年、お世話になった。
明日からしっかり頑張ってきたい」と力強く誓った。

 

 

9カ月ぶり日本代表復帰のGK権田修一が誓う“恩返し”「元気にプレーしている姿見せたい」

この試合連続のクリーンシートに貢献した。権田にとっては、かつてのホーム味の素スタジアムでの古巣対戦に。
下部組織からトップチームデビューを果たしたFC東京には、やはり並々ならぬ思いがあるようだ。
サガン鳥栖で僕はプレーしています。
このスタジアムですしここで試合をするっていうのは代表メンバーに招集され、昨年12月のE-1選手権以来約9カ月ぶりに復帰した権田。
支えてくれた全員に感謝し、恩返しがしたいと語っている。
「今回こうやって日本代表に選んでもらえてその僕が元気にプレーしていうか。
だから日本代表に行きますけど、そこでまた元気にプレーをするところをみんなに見せる。
今日は勝ちたかった。
去年は少しバタした試合になっている。
「代表メンバー23人、ケガ人が出て変わったみたいですけど、その合宿に行く以上は全員が「いや俺どうせ出れないから」とか思っていくことがおかしな話で。
そもそもそも日本代表に入りたくさんいる中で、そこで選ばれて合宿に行けるので。
川島永嗣という日本代表を長きに渡って支えてきた守護神が不在の状況。
権田は、正守護神争いを制して支えてくれた人々へ“恩返し”できるだろうか。

 

 

鳥栖のGK権田、古巣F東京を零封=Jリーグ

日本代表に復帰した鳥栖のGK権田が、古巣のF東京を無失点に封じた。後半13分には東のミドルシュートをセーブ。
「ここでの試合は特別。
ゼロで抑えられてよかった」と喜んだ。
2010年1月に代表デビューを飾った29歳。
ところがF東京時代の15年にオーバートレーする。
久々の代表だった昨年12月と異なり、今回は森保監督の初陣メンバー。
「元気にサッカーができていることを皆さんに見せたい」と話した。

 

 

鳥栖トーレス来日初イエロー「意味分からない」

<明治安田生命J1:東京戦で初のイエローカードを受けた。
【写真】警告を受ける鳥栖の元スペイン代表FWフェルナンドトーレス(34)は、来日10戦目となった。
「もちろん、ルールは分かっている。
でも、オフサイドだったら、東京のエリアからプレーが再開したんだ。
意味が分からなかった。
おかしいと思った」。
前半終了後も怒って審判団に詰め寄り、歩きながら抗議を続けたが「試合中は、そういうこともある。
怒ったけれど、ピッチの中でのことだし大丈夫」と笑みを浮かべた。
8月26日のガンバ大阪戦に続く2戦連続ゴールはならなかったと思う」と前を向いた。
加入から約1カ月半がたつが「チーム全体に良くなっていると思う。
守り方は、良くなっているし今日も完封した。
攻撃時のコンビネーションは、もっと良くならなきゃいけないけれど、向上している。
いいと思う。
たくさん、すばらしいセーブをしてくれるから、我々も彼のおかげで勝てているし、今日の大事なドローも出来た」と評価した。
報道陣から、そうした方が良いと思っているんだ。
また、何か(シューズが)変わった。
今節は17位の川崎フロンターレに勝った。
横浜F・マリノスも柏レイソルに勝ったため勝ち点差は1から3に開いた。
トーレスは「G大阪、横浜も残留したいから最後まで頑張ったと思う。
我々の勝利のために頑張りたい」と力を込めた。

 

 

鳥栖F・トーレス「ドローは良かった」 初のイエローカード、代表復帰の権田、新スパイクにも言及

[9.2J1リーグ戦初ゴールを記録したサガン鳥栖FWフェルナンド・トーレスだった。「FC東京は良いチーム。
前半17分には加入後初の警告を受けた。
「なぜオフサイドなのに、試合がこちらのエリアで始まろうとしていたのか分からなかった」と素直に受け入れた。
現在のチーム状況については「われは強くなっている。
まずは守り方が大事で、いまは無失点に抑えられていく」と前向きな展望を述べた。
話は日本代表に招集されたGK権田修一に向かうと、「すごく良いゴールキーパーで、たくさんの素晴らしいセーブをしてくれる。
何かニュースがあったらまた発表するよ」とにこやかにかわしていた。

 

 

味スタ凱旋の鳥栖GK権田修一、FC東京時代の残留争いを反省 「下を見るんじゃなく…」

[9.2J1第25節FC東京をシャットアウトし、貴重な勝ち点1獲得に大きく貢献した。試合後には、関わってくれた人々への感謝を述べ、翌3日に始まる日本代表合宿に向けて「元気な姿を見せたい」と意気込んだ。
中学時代から16年間所属したFC東京との別れは2017年。
SVホルンへの期限付き移籍を志して契約解除を申し出るという形だった。
だがそのまま鳥栖からのオファーを受ける形となった。
「僕にとって特別なクラブ。
います。
味の素スタジアム。
特別な想いはあります」。
昨年4月の“凱旋試合”はほろ苦いものだった。
古巣サポーターのブーイングに襲われる中、気合いが空回りしてミスを連発。
「去年はバタ試合になった記憶を乗り越えた。
勝ち点1は前回と同じ。
それでも「勝ちたかった」とすがしい表情を見せた。
話は味スタ凱旋にとどまらず、2010年にFC東京で経験したJ2降格にも及んだ。
前日の試合でガンバ大阪、横浜F・マリノスがそろって勝利しており、鳥栖は勝ち点で離される形となったが、「下を見るんじゃなく、勝ち点を取ることを考える」とキッパリ。
それは前回の残留争いの反省からだった。
「FC東京の時は、試合の結果を見るというのがチームとして良くなかった。
「最低勝ち点40は重ねないと」というのは今も他の選手に言っていて、あと5勝して40以上にするのが目標」。
まずはチームの結果に集中していく構えだ。
ここからリーグ戦は約2週間の中断を迎え、昨年12月以来9か月ぶりとなる日本代表合宿に合流する。
「元気にサッカーをしている意味。
FC東京、サガン鳥栖、そして1年いたSVホルンの人たちに元気な姿を見せたい」と決意を語った。

 

 

遠ざかる優勝戦線…3位FC東京、強力2トップの鳥栖とスコアレスドロー

[9.2J1リーグは2日、第25節3日目を各地で行い、3位のFC東京は前節湘南戦(△0-0鳥栖が対戦した。ホームのFC東京は前節湘南戦(△0-0鳥栖が対戦した。
離脱中の成績が2勝1分3敗と痛い不在になっていたMF橋本拳人が右ハムストリングの負傷から7試合ぶりに復帰。
DFチャン・ヒョンス、FW永井謙佑もスタメンに並んだ。
一方、降格の危険性がある16位に沈む鳥栖は前節G大阪戦(○3-0)から2人を変更。
G大阪戦で熱中症により救急搬送されたDF小林祐三、途中交代のMF原川力がメンバーを外れ、MF高橋義希とDF藤田優人が入った。
立ち上がりからボールを握ったのはFC東京。
前半17分にはDFジョアン・オマリの縦パスを受けたF・トーレスにオフサイドの反則。
プレー再開位置をめぐる抗議と遅延行為の末に来日初のイエローカードを受け、両ゴール裏からのブーイングで場内は一時騒然となった。
前半18分にはFC東京がビッグチャンス。
DF室屋成の突破でつくったが、惜しくもクロスバーに阻まれる。
その後もFWディエゴ・オリヴェイラ、永井がゴールに迫ったが、DF高橋祐治らが懸命に防ぎ、前半をスコアレスのまま終えた。
4-2にシステムを変更した鳥栖は後半10分、右サイドに入ったMF福田晃斗のボール奪取からFW金崎夢生につなぎ、MF小野裕二のクロスは惜しくもF・トーレスに合わず。
同11分にはMF高橋義希のクロスがF・トーレスの頭を捉えたが、わずかに右上へと外れた。
FC東京も徐々にペースを取り戻し、後半13分にはMF東慶悟の左足シュートがGK権田修一を強襲。
戦前の予想に反して主導権を握り続ける鳥栖は後半33分、福田に代わってMF安在和樹を投入。
優勝戦線から離されないため勝ち点3が欲しいFC東京は後半40分、東に代わってFW前田遼一を入れ、最後の攻勢に望みをかける。
だが、アディショナルタイムにFW豊田陽平とDFキム・ミンヒョクを一気に入れた鳥栖の牙城を崩せず、首位との勝ち点差は「13」に。
鳥栖は15位との勝ち点差を「3」に縮めた。

 

 

神戸 ポドルスキ一発退場…イニエスタも後半途中交代で完敗

スペイン代表が加入後、初の連敗と神戸の歯車は完全に狂い始めた。
一つ上の順位にいる札幌とのアウェー戦。
1―3のスコア以上に、内容で差をつけられた。
後半38分には、壁の位置を確認している間に直接FKを決められる珍プレー。
「壁の準備をしている時に(再開の)笛を吹くなんて。
あんなの初めて」。
GK金承奎(キムスンギュ)の言葉がチームの不満を表していた。

 

 

ネットの反応

J1鳥栖、敵地で意地の勝ち点1 権田、古巣F東京を完封 #sagantosu #サガン鳥栖 #西スポ nishinippon.co.jp/nsp/sagan/arti…
 
西スポ@nishispo_hawks
 


味スタ凱旋の鳥栖GK権田修一、FC東京時代の残留争いを反省 「下を見るんじゃなく…」 | ゲキサカ web.gekisaka.jp/news/detail/?2… #gekisaka
 
サガンスパ17@v1BdHLWMiPbmlB6
 


鳥栖F・トーレス「ドローは良かった」 初のイエローカード、代表復帰の権田、新スパイクにも言及(ゲキサカ) goo.gl/CSwF2J #fctokyo
 
FC東京 ニュース速報@fctokyojpnews
 


2018.9.2(Sun)@味の素スタジアム FC東京 0-0 サガン鳥栖 マッシモ、権田、ひでと、かわのん、東京にゆかりのある人ばっかりでした、 試合後挨拶きてくれて河野がシャーやるフリして大ブーイングくらったけど、そのあと楽しそうにシャーやってて、色々と思い出しましたとさ! #fctokyo #サガン鳥栖 pic.twitter.com/Jqc92kyW7W
 
hiroya@tokyo_hiroya
 


鳥栖F・トーレス「ドローは良かった」 初のイエローカード、代表復帰の権田、新スパイクにも言及 | ゲキサカ web.gekisaka.jp/news/detail/?2… #gekisaka
 
ブラウグラーナサガン@blaugranasagan
 


コメントは受け付けていません。