U21 アジア大会 男子サッカー 韓国に敗れる!

【U21】日本、2大会ぶり頂点届かず 延長力尽きU23韓国に1―2

◆アジア大会以来2度目の金メダル獲得はならなかった。0―0のまま突入した延長戦前半3分と同11分に2点を失った。0―0のまま突入した延長戦前半3分と同11分に2点を失った。0―0のまま突入した延長戦前半3分と同11分に2点を失った。
森保一監督(50)がA代表を兼任して初めて臨んだ大会で、堂々の銀メダルを獲得した。
戦いを終えた指揮官の表情は穏やかだった。
2歳上かつオーバーエージ3人を起用した韓国を相手に、延長戦まで食らいついた。
森保監督は「本当に決勝まで素晴らしい戦いだった。
選手たちをたたえた。
金メダルで兵役免除となる本気の韓国を前に、日本は手負いの状態だった。
それでも、DF板倉を中心にした守備陣が、イングランド・プレミアリーグで昨季12得点のFW孫興民ら強力な攻撃陣に我慢強く対応。
延長では前半3分、11分と立て続けに2点を奪われたが、同後半10分にはFW上田が1点を返すなど驚異的な粘りを見せた。
指揮官も「これまでにはなかったタフさを見せてくれた」と、目を細めた。
強い決意を持って臨んだ大会だった。
日本代表監督に就任する直前の7月中旬、広島で2人の恩師に会った。
そこで、「兼任監督をやりたいと思っています」と話した。
サッカー選手へと導いてくれた2人に会い、引き受ける覚悟を固めた。
その兼任監督として初めて臨んだ今大会は、序盤は苦戦の連続だった。
1次リーグ第3戦のベトナム戦では0―1で敗戦。
負けじゃない。
力強さ負けだ」と、奮起を促した。
試合ごとに成果と課題を選手たちと寄り添いながら考えてきたからこそ、短期間でチームは成長し続けた。
「この決勝で負けた悔しさを次につなげてほしい」と指揮官。
金メダルにはあと1歩及ばなかったが、2年後の東京五輪へ貴重な財産を手に入れた。

 

 

U23韓国、連覇達成!兵役も免除

◆アジア大会2018 ▽サッカー決勝で初の日韓戦は、韓国(1日、インドネシアW杯代表組だった。金メダルで兵役が免除される大事な試合を動かした。金メダルで兵役が免除される大事な試合を動かした。金メダルで兵役が免除される大事な試合を動かしたのは、フル代表組だった。
均衡を破ったのは延長前半3分。
「どれだけ大事か分かっている」と意気込んだ。
激戦で底力を見せつけた。

 

 

日本 銀メダル 韓国と死闘も延長戦で力尽く 森保監督「戦う姿勢を見せてくれた」

「アジア大会・サッカー男子・決勝、日本1-2で敗れ、2大会ぶり2度目の優勝を逃した。まるで相手のホームにいるかのような「テーハミング(大韓民国)」の大歓声の中、日本1-2韓国に1-2で敗れ、2大会ぶり2度目の優勝を逃した。
90分を終えてスコアレスドロー。
延長戦までもつれる死闘も、敗れた。
A代表を兼任する森保監督は「選手たちが韓国の強力な攻撃陣に対し、タフに粘り強く戦い抜いてくれた。
そこからチャンスを見いだす展開を辛抱強く、よく集中力を切らさず続けてくれた」と振り返った。
相手の韓国はオーバーエージ枠のMF孫興民(トットナム)らロシアW杯メンバーに加え、今大会9得点のFW黄義助(G大阪)ら実力者ぞろいだった。
さらに金メダルなら兵役免除とモチベーションも高かった。
1対1への力強さに華麗なパスワーク。
日本は終始劣勢だったが、最終ラインで体を張っていた。
しかし、延長前半3分にゴールを許すと、同11分にも追加点を奪われた。
延長後半10分にCKからFW上田が1点を返すも及ばず、試合後イレブンはピッチに崩れ落ちた。
アジア制覇の夢はついえたが、実力が上の相手を追い詰めた経験はかけがえのないものだ。
2020年東京五輪へ向け、この悔しさをつなげたい。

 

 

森保U21 悔しい銀メダル…韓国に1―2延長で力尽く

◇アジア大会 男子サッカー決勝で韓国(2018年9月1日 ボゴール) U―21日本1―2韓国と対戦し、延長戦の前半3、11分に立て続けに失点。
延長後半10分に右CKをFW上田綺世(あやせ、20=法大)が頭で合わせて今大会3点目を決めたが、及ばなかった。
2大会ぶりの優勝を逃し、昨年10月に就任した森保一監督(50)は初タイトルに一歩届かなかった。
悔しい東京五輪への手土産を手にした。
120分間の死闘を終えたイレブンに、ベンチで森保監督は熱く語り掛けた。
ただ、最後優勝するには何かが足りなかった。
この悔しさを忘れないよう」 90分を終えて集中力が切れた。
0―0で突入した延長前半3分、李承佑(イスンウ)に強烈な左足弾を許した。
8分後にはFKによるクロスからヘッド弾を決められて失点。
延長後半10分に右CKを上田が頭で合わせて追い上げたが、及ばなかった。
U―23世代の韓国はオーバーエージ枠でW杯に出場したトットナムFW孫興民(ソンフンミン)らを招集する本気の構成。
日本は相手にボールを支配されながらも体を張った組織的な守備で対峙(たいじ)した。
最後まで諦めない姿勢を見せてくれたことは次につながる」とうなずいた。
校舎の中庭、地割れしたグラウンド。
アジアの環境は過酷で、今大会で本格的な戦術練習を行えたのは5日のみ。
課題が出るごとに宿舎で選手が自主的に話し合い、修正してきた。
17日間で7試合。
20人全員が先発して過密日程を戦い抜いた。
現役時代、玄人好みのボランチだった森保監督。
「試合で言うと70分、75分ぐらいまでは普通でいい。
みんな体力もある。
でも最後、本当に酸欠状態になるプレーをしたいなと思っていた」。
指揮官のポリシーは着実にチームに浸透しつつある。
「この悔しさは先につなげるしかない」と主将の三好。
今大会で得た悔しさと経験は何よりの財産となる。

 

 

eスポーツ日本代表が金!日本発祥“ウイイレ”で初代アジア王者

ジャカルタ・アジア大会で公開競技として初採用されたコンピューターゲーム「ウイイレ)」で優勝した。4カ国ずつで戦うグループリーグを3戦全勝で突破。
決勝トーナメント初戦の準決勝でマレーシア、決勝でイランを下して初代アジア王者に輝いた。
各国2人の代表が実在する世界の強豪チームを操り、1対1の順で3本勝負を行い、2対2、1対1、2本先取で勝利。
決勝は、ウイイレの大会で世界一になったこともある実力者杉村が、第1ゲームを落とす苦しい展開。
イランがこのゲームで最強といわれるアーセナルを選択し、能力値が低いバルセロナで戦わざるを得なかったことも響いた。
後のない第2ゲームで、日本はリバプールを選択。
バルセロナのイランに2―0で勝って追いついた。
相原は大きな大会の国内予選で突然現れた新星。
この日は、高校生らしからぬ強心臓ぶりを見せた。
第2ゲームでは調子の出ない杉村をうまくサポート。
点の取り合いとなった第3ゲームも集中力を切らさず、後半34分に勝ち越した。
相原は「日本を背負って戦うプレッシャーはあったが、良い体験ができた」と笑顔。
杉村は「最高の舞台でメダルを獲れてうれしい。
隣にいる最高の後輩のおかげ」と感謝した。
eスポーツは近年、若者を中心に世界的に盛り上がっており、国際オリンピック委員会(IOC)も注目。
24年パリ五輪で正式競技入りの動きがある。
日本でも来年の茨城国体で文化プログラムとして開催。
この日の金メダルで競技の活性化に弾みがつきそうだ。
今大会では「ウイニングイレブン」のほかカードゲーム「クラフト2」のほかカードゲーム「クラフト2」のほかカードゲーム「クラッシュ・ロワイヤル」、対戦型ゲーム「クラフト2」の6種目が行われた。
日本人選手は「ウイイレ」のほか「ハースストーン」に赤坂哲郎(23)が出場。
8月31日に競技が行われ、赤坂は初戦でインド選手に敗れた。

 

 

U21森保監督、銀メダル「粘り強く戦い抜いた」

<男子サッカー・アジア大会:韓国2-1日◇パカンサリ競技場◇インドネシア・チビノン東京五輪世代のU-21(21歳以下)日本代表と戦い、延長戦の末に競り負けて銀メダルとなった。
表彰式後に行われた記者会見で、A代表と兼任する森保一監督(50)は選手の奮闘をたたえた。
延長で2点を取られて、さらに難しい展開になりましたが、2-0のまま終わるんじゃなく、1点を取り返す。
その時は最善な選択をしてチーム作りを進めたい」。

 

 

この悔しさ、無駄にはしない…MF三好康児「味わったのは僕たちしかいない」

[9.1アジア大会決勝U-23韓国ボゴール] 覚悟を持っていた。前日の公式会見でU-21日本1-2(延長)U-23韓国ボゴール] 覚悟を持ってピッチに立っていた。
「僕たちがこれから先、サッカー人生をより良くしていくためには、こういう大きな舞台で活躍することが先につながる」と――。
準決勝の韓国戦ではスターティングメンバーに名を連ねる。
しかし、シャドーの位置に入った。
攻撃面ではなかなかなかなか効果的にボールに絡めず。
「自分のところで受けることで攻撃を活性化できると感じている。
延長戦までもつれ込んだ死闘。
しかし、日本は1-2で敗れて金メダルを逃すことになった。
前日に覚悟を語っていたキャプテンは「銀メダルが現状なので、その結果は真摯に受け止めない」と前を向く。
これから先、もっと大きな舞台で戦えるように成長したい」。
アジアの頂には到達しなかった。
前日会見で語ったのかもしれない。
しかし、今後“この悔しい経験があったから”と言えるよう、日々精進していく。

 

 

日本は銀 主将・三好「僕たちしかこの悔しさは晴らせない」

「アジア大会・サッカー男子・決勝、日本1-2韓国」(1日、ボゴール) 男子・決勝が行われ、U-21で臨んだ日本は韓国に延長前半に2失点。
延長後半に1点を返す粘りを見せたが、力負けだった。
韓国は今大会9得点の黄義助(G大阪)ら実力者がそろう。
さらに勝利すれば兵役免除とモチベーションも高かった。
試合後、森保一監督(50)は「選手たちが韓国の強力な攻撃陣に対し、タフに粘り強く戦い抜き、しのいでくれた。
「延長で2点を奪われてしまい、さらに難しい展開になった。
主将のMF三好康児(札幌)は「韓国は金メダルを欲していたけど、僕たちも金メダルが欲しいという気持ちをぶつけてきていた。
この悔しさは僕たちしか晴らせない」と今後の雪辱を誓った。

 

 

ネットの反応

「日本は誇りと哲学を放棄した」韓国紙がアジア大会決勝の森保ジャパンをバッサリ! | サッカーダイジェストWesoccerdigestweb.com/news/detail/id… #アジア大会決勝 #日韓戦 #ソン・フンミン #韓国サッカー #森保ジャパン #日本代表 #daihy#サッカー好きな人RT pic.twitter.com/1W90D8vtg7
 
ワールドサッカーダイジェスト編集部@wsdnet
 


そっか、アジア大会男子サッカー負けたか。 でもソンフンミン本当におめでとう。クソみたいなキャリアつまされなくてほんとにおめでとう。
 
*hapi*@@hap390898i
 


アジア大会、サッカー男子の決勝の解説。オーバーエイジの韓国選手のゴールシーンで「日本は若さが出た」。韓国の勝利に「兵役免除がかかっていた」。いやいや、サッカーの解説しようよ。だからいつまでたってもサッカーっていうスポーツが伝わらないんじゃん。
 
一寸木幸平(Kouhei Masugi)@ko_masu
 


サッカー日本代表:アジア大会・決勝 日本 vs 韓国 – 毎日新聞 mainichi.jp/articles/20180… 不公平な試合だな 野球も含め、アジア大会ごときに必死の韓国w
 
あんころ@ankorotan
 


アジア大会サッカー男子決勝は延長戦で韓国に苦杯。だが、U23代表にオーバーエイジ枠をA代表で固めた相手に、U21代表が互角の戦いをしたのだから落胆することはない。東京五輪に向けてこのチームをさらに強化していくことだ。
 
junnosuke5@junnosuke51
 


ジャカルタアジア大会ですが、一昨日、昨日と相次いでサッカーの決勝戦がありました。 日本代表は男女とも(男子はU-21)決勝まで進み、決勝戦でも接戦でしたが、結果は対称的となりました… #サッカー日本代表 #なでしこジャパン
 
まーちゃん(趣味系アカウント)@m2101trby
 


[アジア大会の位置付け] 日本が #東京五輪 への育成過程の大会としているのとは違い、#韓国 は、#アジア大会 に並々ならぬ力を入れていた。#柔道、#サッカー、#野球 などに代表される様に、トップクラスを派遣してきた。その意味で、オールプロに社会人で臨んで0-3なら、健闘したといえる。
 
則天去私@Che1928_1967
 


アジア大会、サッカー日本代表は敗れたか。内容はわからんが、引くくらいマジメンツの韓国と相対して1-2(延長)は立派なスコア。韓国もおめでとう。 あと、ソン・フンミン、兵役免除よかったね。
 
あいぴー☆Hokkaido@666B666B
 


<アジア大会>日本、延長で韓国に敗れ銀 サッカー男子決勝(毎日新聞) – Yahoo!ニュース headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180901-… 兵役免除かかってる国と、平和な国のモチベーションの差だよ。
 
クラワタ@kmakiloveu
 


アジア大会サッカーは惜しくも準優勝でした。大会の全試合を見ての感想は「良く頑張った」だな。初戦と比べると別のチームになった。若い選手の成長は見てて嬉しくなる。が、まだまだ足りないとこだらけであるのも現実。チームに帰って日々精進して欲しい。2年後、オリンピックでの活躍を願ってます。
 
居眠り熊さん@Danny888Boy
 


<アジア大会>日本、延長で韓国に敗れ銀 サッカー男子決勝(毎日新聞) – Y!ニュース headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180901-… #Yahooニュースアプリ
 
憧れの国 韓国@Koreanisnumbero
 


野球はアジア大会リーグ戦で韓国に負けたら 「社会人主体の野球 全員プロの韓国に敗れる」 サッカーは決勝に進み韓国に負けても 「U-21国内組主体の日本、U-23とオーバーエイジの韓国に敗れ銀」 とは書かれない。 #daihy#jleague pic.twitter.com/PLuUqZEV6F
 
今宵のBBCワールド視聴者@Bbcbuta
 


U-21日本代表が銀メダル U-23韓国代表に延長戦の末敗れる。1日、アジア大会の男子サッカー決勝でU-21日本代表とU-23韓国代表が対戦。スコアレスで突入延長戦で、イ・スンウとファン・ヒチャンが得点。日本も上田綺世が1点を返が、このまま試合は1-2で終了・・だそうだ!
 
vippanda01@vippanda01
 


コメントは受け付けていません。