久保建英「リーダーになる意識を」U19合宿開始

来年のU-20ワールドカップ(W杯)ポーランド大会の出場権がかかる、U-19アジア選手権(18日開幕、インドネシア)に出場するU-19日本代表が8日、千葉県内で事前合宿をスタートさせ、FW久保建英(17)らが意気込みを語った。
「アジアとW杯は全く違うものだと思っている。W杯だと失うものはないが、アジアだと失うものがあるので。相手も戦い方を変えてくると思うし、そこでどう戦っていくかが大切だと思います」と話した。
同代表には学年にすると4学年にまたがる選手らが招集されている。久保はその最も下の学年だが、練習では大きな声を出して盛り上げるなど、積極的な姿勢をみせた。「みんながリーダーになるという意識を持って引っ張っていくことが大事。」
お互い言うべきことは言う方がまとまりはよくなると思うので、その一員として頑張りたいと意気込んだ。また、FW原大智(19)は「W杯の出場権をとりたい。長身を生かしてのクロスからのシュートだったりで点を狙いたい」とアピール。
GK谷晃生(17)は「みんないい雰囲気だと思う。緊張感というよりかは、チームとしてまとまりがある感じ」と明かし「ピッチに入れば年下とかは関係ないし、最大限のパフォーマンスを発揮したい」と気合を込めた。大会には16カ国が参加し、4組に分かれる1次リーグで、前回大会覇者で2大会連続のW杯出場を目指す日本はB組で北朝鮮、タイ、イラクと対戦。
各組上位2チームが準々決勝に進み、上位4チームに出場権が与えられる。

 
ref
 

K. O. @pleocen

"本当に最初はなんか、みんなスピーカーでも持ってんのかってくらいですね。なんか本当に、日本の応援とは違って、みんな声がでかいみたいな。どこがゴール裏か分からないくらい声がでかかった" 「大事なので2回言った」感じ? 久保建英、“完全アウェー”に驚愕

wanwan @ishika_wanwan

久保建英「リーダーになる意識を」U19合宿開始 GK谷晃生(17)は「みんないい雰囲気だと思う。緊張感というよりかは、チームとしてまとまりがある感じ」と明かし「ピッチに入れば年下とかは関係ないし、最大限のパフォーマンスを発揮したい」と気合を込めた。

コメントは受け付けていません。