タイのサッカー少年夢の道 JリーグそしてW杯へ

タイの選手がJリーグのトップチームで活躍する姿は、普通の光景となった。
先日、ティーラトンに話を聞いた。「タイだけじゃなく、東南アジアのサッカーのレベルは上がっていると思う。国内の環境も向上しているし、国内リーグをステップに今はJリーグという目標があると話す。」
ティーラトンによると、タイでは国の支援でスポーツが優秀な子どもを育成するアカデミーのシステムがあるという。体操、セパタクロー、ボクシング、水泳、バレーにサッカー。セレクションに合格すれば高校まで、学びながらスポーツの才能を伸ばせる。
ティーラトンも、このエリートコースを進んだ。ただ、それは弟のために選んだ道だという。「サッカーはそんなに好きじゃなかった。」
最初は家族のためでした。負担を減らしたかった。自分は2人兄弟。
スポーツの学校に行けば学費は免除され、その分を弟に回せる。でも、すぐにサッカーが楽しくなった。国の代表になれて、今の生活がある。
サッカーには本当に感謝してますティーラトンらは夢を求めている。タイのワールドカップ(W杯)出場。レベルを上げてきたとはいえ、その道は「まだまだ遠い」と言う。
「今回、いいところまでいったが、W杯に出るには力が足りない。日本や韓国、オーストラリアと比べてその壁は、はるかに高い」。タイはW杯ロシア大会のアジア最終予選に進んだ。
オーストラリアと引き分けるなど健闘したが、最終結果は2分け8敗。アジアの強国の分厚い壁にはね返された。この距離を縮める意味でも、Jリーグは最高の舞台となる。
ティーラトンは神戸でMFイニエスタ、FWポドルスキの世界超一流選手とプレー。「常に刺激を受けている。失敗して怒られないかドキドキだけど」。
培った経験を持ち帰り、国のサッカー発展につなげることができる。タイがW杯の舞台に立てるのは何年後か。ティーラトンは神戸の小学校を訪問した時に感じたことがある。
「日本は本当に積極的な子どもたちが多い。タイの子どもたちにも、この積極性があれば。シャイな子が多いんです」。
いろいろな意味で殻を打ち破ることが、夢への道となる。【実藤健一】(ニッカンスポーツ・コム/サッカーコラム「サッカー現場発」)◆実藤健一(さねふじ・けんいち)1968年(昭43)3月6日、長崎市生まれ。若貴ブームの相撲、ボクシングでは辰吉、徳山、亀田3兄弟らを担当し、星野阪神でも03年優勝を担当。

 
ref
 

anne @anne14917176

全員帰り遅くなる連絡。 よしスパシティ戦観る。 ○んこタフィ戦で 洞窟に閉じ込めらてしまった サッカー少年達が招待受けて 観戦に来ていて 真剣に試合を観ている姿に 将来のタイ代表が出てくるかもと 夢が広がる。

ロコ@アベノミクスのアップデートを! @rokotaro

【コラム サッカー現場発】 タイのサッカー少年夢の道 JリーグそしてW杯へ タイ ティーラトン チャナティップ ティーラシン

hideaki @hideaki1978

タイのサッカー少年夢の道 JリーグそしてW杯へ(日刊スポーツ) 811f987fa03b470eb81b6da74e238d1588aa5ca3 0fa0c1f152556c692275

コメントは受け付けていません。