ベティス、ルクセンブルク王者破って今季EL初白星…代表落選の乾貴士は2試合ぶり先発

[10.4 ELグループリーグ第2節 ベティス3-0デュドランジュ]  UEFAヨーロッパリーグ(EL)は4日、グループリーグ第2節を各地で行い、MF乾貴士所属のベティス(スペイン)はホームでデュドランジュ(ルクセンブルク)と対戦した。
ホームに迎えたベティスは、同日に発表された日本代表メンバーから落選した乾を今季のELで初めて先発に起用した。試合は立ち上がりからベティスが優勢を保った。前半8分、乾がエリア外からミドルシュートを放つと、同10分にはMFアンドレス・グアルダードも強烈な左足シュート。
同21分にはMFウィリアン・カルバーリョのボレーが枠内に飛んだが、GKジョナサン・ジュバートに阻まれてなかなかゴールを割ることができない。前半38分にはMFウィリアン・カルバーリョのボレーが枠内に飛んだが、GKジョナサン・ジュバートに阻まれてなかなかゴールを割ることができない。前半38分には右のハーフスペースで前を向いた乾がドリブル突破をしかけ、MFマーク・アンドレ・クルスカに倒されてFKを獲得。
ベティスは後半5分、グアルダードのクロスをDFシドネイが落とすと、FWアントニオ・サナブリアのヘッドがクロスバーに当たってゴールラインを越え、待望の先制点が入った。乾は後半26分にMFホアキン・サンチェスと交代でピッチを退く。

 
ref
 

シャム @Syamu_Betis

FIFA19をプレイしていて、ベティスが5日にセルタと対戦、9日にミランと対戦、12日にバルサと対戦という辛さを知る。 スタミナ足りないよ・・・! 私にはマネージメントが出来てなかったんや・・・(する気もなかったと言う)

シャム @Syamu_Betis

いえいえ。世は全て愛なのです・・・。 つまり、私がベティスの守備が緩いとネタにするのは(愛があるので)許せても、世間の人々が(馬鹿に)しながら言うのは許さん! という、重い愛もまた(略

いぬっころ @ListTw26

「大外に追い込まれる」「一方のサイドに追い込む」アトレティコの仕掛けに嵌ったベティス。 このようなマッチレポートは、やはり欧州のほうが遥かに丁寧ですね。 いい記事を翻訳頂きありがとうございました!

コメントは受け付けていません。