ミュラー、ドイツ代表からの引退勧告を引きずるも「それでも前を向かなければ……」

元ドイツ代表FWトーマス・ミュラーが、ヨアヒム・レーヴ監督から引退勧告を受けたことへの失望を明らかにしている。
なぜこの決定により代表でのキャリアを終わらせなければならないのか理解できないと不満を口にしたミュラーの怒りはまだまだ収まりそうもないようだ。ドイツ「ビルト」でそのことを振り返った。「最初にDFB(ドイツサッカー連盟)からのメッセージを耳にしたとき、悪い意味でサプライズだった。
でも、前を向かなければならない。ビデオメッセージを通じて、僕や仲間たちがどのように感じているかを伝えたかったし、このやり方について文句を言いたかった。フットボール界ではさまざまな感情が入り乱れるけれど、これからも歩み続けなければならない長年ドイツを支えてきた30歳前後の3選手を外し、若手を積極的に招集した新生ドイツは、20日にセルビアと親善試合を行い、1-1のドローで終えている。

 
ref
 

【追加コンテンツ】少々お待ち下さい。

使用キーワード: ミュラー ドイツ 代表

使用代替キーワード: サッカー

コメントは受け付けていません。