冷遇されていた選手たちをスタメンに戻したジダン「しかし全員だ。私は全員を必要としている」

16日のリーガ・エスパニョーラ第28節、レアル・マドリーは本拠地サンティアゴ・ベルナベウでのセルタ戦を2-0で制した。
試合後会見に出席したジダン監督は、次のような感想を述べた。「感触的には良かった。最終的に求めていた良い結果というものを手にできた。」
立ち上がりはそこまで良くなかったが、落ち着くことが必要だったんだ。前半を良い形で終え、後半はもっと良くなった。満足しているよジダン監督はまた、今回起用した選手たちだけでなく、チームの全選手を必要としていることを強調している。
「この選手たちが成し遂げてきたことは、誰にも消し去ることができない。私は25選手を擁しており、その全員を戦力として数えていく。クルトワも、レギロンも、中盤の選手たちもね。」
今日プレーした選手たちはとても良い選手たちだが、しかし全員を計算に入れている「今日はイスコがゴールを決め、多くのクロスを放てたことも好ましかった。フィニッシュまで持ち込み、その褒賞を得られたね。クロスを打てばゴールの可能性は高まるんだ」「前の監督たちが選手たちのことを若輩者のように扱っていたとは思わない。
自分の印象的には、選手たちはその素晴らしさを常に示してきたし、私は彼ら全員を考慮していく。
私は全員を戦力に数えている。それと同時に、監督の仕事はやるせないものでもある。私は全員を戦力に数えている。それと同時に、監督の仕事はやるせないものでもある。私は全員を戦力に数えている。
「ここにいる選手たちは、フットボールをプレーしなければいけないことを理解している。私も選手たちも、ボールを使ってプレーすることが好きなんだ。もちろん、フィジカルだって大切だよ。」
私は選手たちがフィジカル的にも良い状態だと思っている。立ち上がりが悪く、終わりが良いならば、フィジカル的にも良い状態だと思っている。立ち上がりが悪く、終わりが良いならば、フィジカル的にも良い状態だと思っている。
ジダン監督はこの試合で同選手を後半から起用した。「彼のプレーに満足している。守備面で良い仕事をしてくれたし、ボールを使ったプレーのクオリティーは誰もが知っているはずだ。」
過去について話す気はない。ダニは良い調子だし、このまま進んでいけらと思うK・ナバスとクルトワについて、どちらが正GKかはいまだ決めていないようだ。「今日、完全な決断を下したわけではない。」
あと10試合が残っている。ティボもまたプレーすることになるよ。第3GKは(自身の息子)リュカだが、3人ともとても良いGKだ。
このテーマは今後も話され続けるだろうが、しかしマドリーは3~4人の偉大なGKを必要としている「困難な事態というのは、監督には付き物だ。私は二人とも、ここからシーズンの終了まで戦力に数えていく。4~5大会を一人のGKでこなせるわけがないんだ」ジダン監督は来季に向けてチームには「変化が必要」と話していたが、選手の補強・放出についてすでに考え始めているのだろうか。
「未来については考えていない。頭にあるのは今季の残り試合だけだ。もちろん、変化はあるよ。」
「しかし、これ以上言うことはできない。これからの10試合、私は誰が残るのかを告げるためにいるわけではない。私たちは遊んでいるわけじゃないんだ」。

 
ref
 

【追加コンテンツ】少々お待ち下さい。

使用キーワード: 冷遇 されていた 選手

使用代替キーワード: サッカー

コメントは受け付けていません。