ローマ新指揮官ラニエリ、初戦での勝利に安堵「難しい試合だった。ファンに感謝」

ローマの新指揮官クラウディオ・ラニエリが、11日のエンポリ戦終了後、イタリアメディア『スカイスポーツ』のインタビューに応じ、初勝利を喜んだ。
「欠場者もいて難しい試合だったので前向きに捉えている。多くの選手を欠き、リーダーが不在となったが、3ポイントを持ち帰ることができた。10人になっても持ちこたえてくれたチームを称えたい。」
また支えてくれたファンに感謝したい続いてローマ指揮官は、フィジカルトラブルにより途中交代した19歳のMFニコロ・ザニオーロおよび決勝点を挙げたシックについて言及した。「ザニオーロはふくらはぎが少し張っただけだと言っていた。」
「いずれにせよ深刻な問題はないはずだ。シックはドリブルにゴールと、すべてを兼ね備えた選手だ。ポルト戦のような気迫を見せれば、私の指揮下において主力になれるかもしれない」。

 
ref
 

カニ @n_kanizuka

しかしローマ教皇がEU離脱阻止のミサを行う一方で、カンタベリー大主教がEU離脱推進の祈りを捧げたりすると、16世紀の宗教戦争が再び

Mnemosyne 日本の癌はマスコミ @sea_of_memory

利権と金儲けのためのオリンピックだと思ってる国民は多いと思うが、問題はそれを止められないこと。ローマなんかオリンピック開催地として名乗りを上げるのをやめた。

ゆり @DP8akrGKpbMnyXl

ローマ教皇年末に来日するもようだけど、あれは韓国がすごく熱心にずっと働きかけたからこっち方面に来られることになったんで、日本はそのついでだって聞いた。

大勢至(だいせいし) 如来 @Mahaastaama

さあ愈々、本番です、新しい番組を立ち上げる時でもあるでしょう。 あるかどうか分からないものを方便として、これから、今までなかったものが現われてくる…

大勢至(だいせいし) 如来 @Mahaastaama

さあ愈々、本番です、新しい番組を立ち上げる時でもあるでしょう。 あるかどうか分からないものを方便として、これから、今までなかったものが現われてくる。 践祚・改元を強行しよう、ともがいても、プレーローマの支持を失っている以上、究極の現象が立ち起こってくる。 田伏部落の終焉…

愛のミカゼテンシbot @mikaze_tenshi

天使っていうのは、言葉の通り神からの使い、天からの使いってこと。古代ギリシア・ローマ世界では、生身の人間としての伝令であると同時に神と人間の中間の霊的存在としての伝令を指す言葉でもあったそうだよ。

IEND @IEND29

「ネタにできる境目」がどの辺にあるのかはちょっと気になる。古代ローマのポンペイはOKとして、第二次世界大戦辺りだとちょっとまだ無理な気はする。戦国時代辺りが境目になるのかな…などと勝手に思っています。

冒険家弁護士 福永活也 @fukunagakatsuya

旅行の価値がすごく逓減していて、せっかくのローマ、この一年で3、4回来てて、何をしたい欲求もない。 ひさびさに中華でも食べるかなーぐらいの日常になってしまっている

久生@右ENDから出られない @hisao_pon

「あれね、ローマの下水道の蓋なんだよ」っていう誰も喜ばないトリビアをつい披露してしまうのが、チアキくんと同い年だった私です。

大谷代何 @crea_otani

アメブロを更新しました。 『”セレモニー♡ in トスカーナ.ローマ.モナコ♡”』 振り返り投稿

なすの @nasuno_44

愛と笑いのないところには、楽しみもないはずだ。愛と笑いの中に生きよ。─ホラティウス(ローマ 詩人)

久生@右ENDから出られない @hisao_pon

今日ちょうどももクロの子が、「幼い頃自分が『ローマの休日』の王女だと思ってた」話でバズってるぽいんだけど、チアキくんすごくない?

公務員試験用世界史bot @bot67963600

【古代⑤】ローマ:貴族で構成される元老院の共和政 十二表法の制定 最高政務官のうち一人は平民から選出するという法律→リキニウス・セクスティウス法 平民会で成立した法律は元老院の承認が無くても国法となる法律→ホルテンシウス法

Histrace 世界史ネタbot @neta_Sekaishi

名門ローマ!新生コンスタンティノープル!老舗イェルサレム!大王アレクサンドリア!興隆アンティオキア! 5人合わせて俺たちキリスト教の五本山! なお、3人はすぐに悪役ムスリムに飲み込まれる模様・・・

大朝鮮帝国 @Koreanfanta_bot

古代にローマ帝国がアイルランドに侵攻しなかったのはギリシャとローマの前身が巨石文明を築いた韓半島の子孫たちであり、当時アイルランドも韓半島の子孫たちが国を治めてたから侵攻しなかったのだ。

コメントは受け付けていません。