レヴァンドフスキ、バイエルンに一切の不満なし…骨を埋める覚悟「将来はミュンヘンにある」

バイエルン・ミュンヘンに所属するポーランド代表FWロベルト・レヴァンドフスキは、このまま移籍せずキャリアを終える可能性を示唆している。
そんな中、バイエルンでの居心地の良さを語っている。「すべてがここではいいんだ。感触もいいし、満足している。」
クラブとのコミュニケーションも上手く行っているね。まだ5~7年は最高レベルでプレーできる。バイエルンで長くプレーしているけど、ここは世界最高のクラブの一つだ。
さらに良くするための選択肢はほとんどない「今季に集中しているし、将来はミュンヘンにある。バイエルンは欧州でトップ4に入るクラブだし、他のことは考えていないよ」レヴァンドフスキはバイエルンとの契約を2021年まで残しているが、クラブは2023年までの延長を希望しているとも伝えられる。相思相愛の関係はキャリアの最後まで続きそうだ。

 
ref
 

AC Milan News Bot @f14s_ac_milan

レヴァンドフスキを超える人気? ポーランドはミラン”新エース”に首ったけ|theWORLD(ザ・ワールド)|世界中のサッカーを楽しもう! - theWORLD

コメントは受け付けていません。