ジダンがレアル・マドリー復帰を決断した理由…昨季の退任についても言及

レアル・マドリーの指揮官の座に復帰したジネディーヌ・ジダン監督が、就任会見でその理由を説明している。
ジダンは「この場所へ戻ってきたかったし、そうすべきだった」と話す。「9カ月前にクラブを去ったが、選手も私自身も退任を必要としていたんだ。変わらなければならなかった。
今は会長が電話してきてくれた。私は会長が電話してきてくれた。私は会長とこのクラブが大好きなんだ。
前任者は、ギャレス・ベイルやイスコがチームに不満を抱えるといった問題を残していったが、新指揮官は「私にとってさほど問題ではない」と解決に自信を見せている。火中の栗を拾うために戻ってきたジダン。愛するチームを救うことはできるのだろうか。

 
ref
 

【追加コンテンツ】少々お待ち下さい。

使用キーワード: ジダン レアル マドリー

使用代替キーワード: サッカー

コメントは受け付けていません。