レアル、連敗ストップも監督は去就明言せず「答えられない」

【AFP=時事】18-19スペイン1部リーグは10日、第27節の試合が行われ、レアル・マドリード(Real Madrid)は敵地でレアル・バジャドリード(Real Valladolid)に4-1で勝利した。
先制を許したレアルは、昨年11月に指揮官に就任した際にリーグ戦で最初に対戦した相手であり、その試合を2-0で制したレアルは、ラファエル・バラン(RaphaelVarane)のゴールで追いつくと、カリム・ベンゼマ(KarimBenzema)がPKを含む2得点をマークし、ルカ・モドリッチ(LukaModric)にもゴールが生まれた。この勝利で3位をキープしたレアルは、昨年11月に指揮官に就任した際にリーグ戦で最初に対戦した相手であり、その試合を2-0で制したレアルは以降9試合で8勝を挙げた。
しかし、本拠地でバルセロナに2度敗れると、欧州チャンピオンズリーグ(UEFAChampionsLeague2018-19)でアヤックス(Ajax)にも敗れるなど3連敗を喫していたことで、この日は成功の感が弱まった。ソラーリ監督は「すべての人にとって難しい一週間だった。選手も同じだ」「それが表されれたような最初の20分間で、われわれは苦しんだ。
しかし、その後は選手たちがプロ精神や精神力を示し、これまでも逆境に打ち勝ってきたことを見せつけたと話した。【翻訳編集】AFPBBNews。

 
ref
 

【追加コンテンツ】少々お待ち下さい。

使用キーワード: レアル 連敗 ストップ

使用代替キーワード: サッカー

コメントは受け付けていません。