レジェンドに仲間入りの得点でチェルシーを救うも…アザールは苦言「ボール回しが遅すぎる」

チェルシーのエデン・アザールは、ウォルヴァーハンプトン・ワンダラーズ戦の結果への不満を口にした。
ディディエ・ドログバ氏、フランク・ランパード氏に次ぐ、クラブ史上3人目となる節目の得点を挙げたベルギー代表FWだが、レジェンドの仲間入りを果たした喜びよりも、勝ち点1に終わった試合への不満が大きかったようだ。試合後に「スカイスポーツ」で口を開いた。「もちろん、この結果に僕たちはがっかりしている。
多くのチャンスも作り出せず、ボールを動かすのも本当にゆっくりだった。僕たちはもっと良いプレーができるはずだから、選手たちみんなは悲しんでいるホームでの試合ながら、難しい展開に持ち込まれたこの試合を振り返ったアザールだが、以前に比べればチーム状態は格段に良くなっていると強調。トップ4争いが激しさを増す中、2シーズンぶりのチャンピオンズリーグ出場権を手にしたいと主張した。
「3カ月前の僕たちだったら、このような試合を落としていただろう。それに比べればチームの精神面は良くなっている。マンチェスター・シティに0-6で敗れたとき、僕たちは残りの3カ月や4カ月でトップ4入りを目指して最大限の努力をしようと誓ったんだ」。

 
ref
 

きー @hrAexzIST2YeN8t

『ジョン・シピン』とか、レジェンドが主役のプロ野球ゲーム! 一緒にプレイしよ!⇒ 

コメントは受け付けていません。