バズーカせんのかーい!!山形の新加入FWジェフェルソン・バイアーノ、“昨季の話題パフォ”封印のワケ

[3.10 J2第3節 町田0-3山形 町田]  肩透かしを食らったサポーターもいたかもしれない。
開始直後に先制点を挙げ、後半にPKで自身2点目を決めると、コーナーフラッグを抜いてバズーカを撃つようなパフォーマンスを披露すると、主審はイエローカードを提示。試合後に「今まで同じパフォーマンスをしてイエローはなかったのに、今回はなぜイエローが出たのか。」
レフェリーの人たちにハッキリしてほしいと困惑していた。そして今季はバズーカの“初餌食“となった山形に期限付き移籍。前節の横浜FC戦(2-0)で途中投入されて新天地デビューを果たすと、今節も後半28分にピッチへ送られた。
迎えた同38分、左CKからMF三鬼海が右足で送ったクロスがニアの相手に当たってコースが変わり、ファーのJ・バイアーノが反応。マークを弾き飛ばして頭で叩き込み、出場2試合目で加入後初ゴールを記録した。だが、今回はお馴染みのゴールセレブレーションは封印。
試合後、「あれは僕のナンバー2のパフォーマンスですね。ナンバー1はバズーカということでと明かすと、「アウェーでコーナーフラッグを取るとイエローカードをもらう可能性があるので、アウェーの時はあのパフォーマンスをしたいと思いますと説明した。ただし、バズーカ解禁のチャンスはすぐにやってくる。」

 
ref
 

EIJI.nextホーム3.14千葉戦 @eiji19821221ei

水戸に帰ってきたら、復活してもらいましょう! バズーカせんのかーい!!山形の新加入FWジェフェルソン・バイアーノ、“昨季の話題パフォ”封印のワケ(ゲキサカ)

コメントは受け付けていません。