エンリケ、バルサ時代の衝撃の大敗を振り返り「辛かった」

ルイス・エンリケは現在、スペイン代表の監督として新たな時代を過ごしている。
その後、彼は自分の人生を生きているが、ダニ・アウベスのような陽気さと共に私は彼の哲学が好きだ。間違いなく、そのクラスと能力の点で彼はトッププレーヤー、ピッチの勝者になり得るさらにエンリケはピケを称賛した。「彼は人として、ロッカールームのリーダーとしてクラックだ。」
彼は非常に競争的な選手であり、ジェラールに関して私は素晴らしい事しか話す事ができないテア・シュテーゲンについて、エンリケは彼が国王杯とチャンピオンズリーグをプレーし、ラ・リーガでは控えに回った1年目が彼を成熟させたと語った。そして、ジョルディ・アルバとの間に起きた出来事について全てを明確にする事を望んだ。「一時の事だ。」
私はサイドバックを置いてプレーするのをやめた。あれは戦術的な判断だったため、個人的なものは何もなかった。サッカー界は議論好きだが、我々の間には何もなかった「代表では、私は初めにアルバのポジションに他の選手を試す事にした。」
何故なら彼についてはもう十分に知っていたからね。だが、その時が来て彼は何の問題もなくチームに復帰した。何故なら彼についてはもう十分に知っていたからね。だが、その時が来て彼は何の問題もなくチームに復帰した。何故なら彼についてはもう十分に知っていたからね。だが、その時が来て彼は何の問題もなくチームに復帰した。
PSG戦について「あの時、何人かの選手達は私の事を誤解しており、私は辛かったが、良かったのは3日後に試合が控えていた事だ。我々は前に進み続けるしかなかった」トリノでの敗北について「我々は慎重だったし、再び同様の事は起きないと確信していたが、ユーヴェはスペクタクルなプレーを見せた。あの夜に関して私の選手達への叱責はないよ。
サッカーでは全てが起こり得る。

 
ref
 

【追加コンテンツ】少々お待ち下さい。

使用キーワード: エンリケ バルサ 時代

使用代替キーワード: サッカー

コメントは受け付けていません。