今年も日本高校選抜の得点源はSB?左の豊島が推進力と突破力発揮してゴールに迫る

[3.9 練習試合 日本高校選抜 0-1 静岡産業大 草薙陸]  この日、日本高校選抜で最も決定的なシーンに絡んでいたのは、左SB豊島基矢(青森山田/3年)だったかもしれない。
「SBなんですけれども、攻撃にどんどんかかわれということで、難しいポジションですけれども運動量に自信があるので大丈夫」と手応えを口にする。昨年のデュッセルドルフ国際ユース大会では右SBの後藤田亘輝(前橋育英→筑波大)も1得点を記録している。いずれもチームを敗戦の危機から救う貴重なゴール。
SBの得点が優勝に繋がった。今年の日本高校選抜も、フィニッシャーの役割を担うSBが大舞台でゴールを決める可能性が高そうだ。ただし、豊島は前を強く意識するがあまり、自分の背後のスペースを突かれてしまうなど守備面がやや疎かになっていたことを反省する。
日本高校選抜に懸ける思いを躊躇することなく表現しているSBは良いところを残しながらも、チームの中でしっかりと役割を果たすつもりだ。
「デュッセルドルフで先輩たちが活躍していたのも知っているし、勝利に貢献して先輩を越えるということを目標にしてきた。デュッセルドルフの大会を優勝という形で終わりたい」。豊島は10日の静岡県ユース選抜戦でもゴールを狙い続けて欧州で活躍するためのチャンスを引き寄せる。

 
ref
 

ゲキサカ @gekisaka

今年も日本高校選抜の得点源はSB?左の豊島が推進力と突破力発揮してゴールに迫る gekisaka

コメントは受け付けていません。