ビーチ代表ラモス監督直撃「粘り強さで必ずW杯出場権を」

元日本代表司令塔のラモス瑠偉監督(62)率いるビーチサッカー日本代表が、タイに乗り込んで大一番に臨む。
「ここ10年でアジア全体のレベルがグンとアップし、とても厳しい戦いが待っている。ひと昔前までは日本、イラン、オマーン、バーレーンくらいだった。それが今ではイラクにレバノン、中国にカタールなどが上位をうかがっている。」
でも選手たちは厳しいトレーニングを積み重ね、たくましくなった。今月1日にタイ・バンコクで合宿に入り、きょうまで非常に充実したトレーニングができた。いい意味での緊張感にあふれ、チームの雰囲気はサイコーです ラモス監督が続ける。
「ビーチサッカー代表の監督に就任するのは(2005年、09年に次いで)3回目。試合会場にいると各国の関係者から、「よく戻ってきてくれたね。また一緒にビーチサッカーを盛り上げよう」と声を掛けられる。
久しぶりなので<勝たせてあげようか>になればいいよ(笑い)なんていうことはジョ~ダン! そんなことで勝ったとしても、うれしくない。大和魂を持って、ちゃんとW杯の出場権を取ってみせるよ 最後に言った。
「ビーチサッカー日本代表の持ち味は、<粘り強くプレーすること>だ。スピードも武器。相手の背後を突いたり、振り切ったり、そうやってゴールを決めたい。」
「選手はコンディションもバッチリ。必ず結果を出してくれると信じている。期待して見守ってほしい」。

 
ref
 

鈴木稔唯@AFCビーチサッカー選手権 @enjoyfootball12

ビーチサッカー日本代表練習見学。 試合前日練習を見るのは4回目。 ここまでラモス監督のゲキが飛んでいたピッチだけど、今日は選手をのせる声を掛けている事が多い。それだけ、明日の試合への想いが逆に伝わってくる。ワールドカップへ行く為に!パラグアイへ行く為に!大一番イラン戦は明日!

鈴木稔唯@AFCビーチサッカー選手権 @enjoyfootball12

AFCビーチサッカー選手権。 日本代表vsバーレーン代表。 試合前 ラモス監督が挨拶に来てくれた。 スタンドのモチベーションも上がる。

2chコピペ_bot @2ch_bott

日本女子代表は13日初の決勝進出をかけてスウェーデン女子代表と対戦する。12日は試合会場で公式練習。MF沢穂希(32)を少女時代から知るラモス瑠偉・ビーチサッカー日本代表監督(54)は「優勝したら沢にチューするしかない!リップ(唇)に!!」と、日本から過激なエール!?を送った。

日刊ゲンダイ @nikkan_gendai

【ビーチサッカー】ビーチ代表ラモス監督直撃「粘り強さで必ずW杯出場権を」 日刊ゲンダイDIGITAL

コメントは受け付けていません。