森保監督 南米選手権への欧州組の招集は「難しい」欧州視察で厳しい現実

サッカー日本代表の森保一監督(50)が6日、約2週間の欧州視察から帰国し、東京都内で報道陣に対応した。
欧州視察中は「毎日、ホテルを変わって移動してきた」と振り返るように、6カ国で計10クラブを訪問。選手との面談だけではなく「クラブの強化部長と言われる方や、監督さん、会長さんとも会ってお話しさせていただいた」。アジア杯への派遣に対する謝意などを伝えた他にも、南米選手権での招集可否についてもヒアリングしたという。
指揮官の直接訪問に対して歓迎も受け「代表活動に関しては理解してくださってます」。だが一方で、南米選手権での選手派遣については「招集は難しいと思います。われわれにとって(選手の)拘束力がないので、非常に難しい。
良いコミュニケーションが取れたと思っていますが、実際、選手の派遣になった場合は、欧州各国リーグの多くはオフ期間。だが、昨年の同時期にロシアW杯が行われ、今年1月にはアジア杯もあっただけに「選手を休ませ、シーズンの疲れを取りたいクラブの考え方もある」。
既にFW大迫の派遣拒否を表明した、ドイツ1部ブレーメンと同じ考えを持つクラブは多い。「まずはその時のベストのチームでいきたい。これまでのスタンスと同じと森保監督は語る。」

 
ref
 

footballlog @footballlog1

footballlog : <森保一監督>欧州視察から帰国!6月の南米選手権への召集について「クラブがノーといえば招集できない」

コメントは受け付けていません。