初白星に安堵の浦和MF長澤「精神的には勝利がなかったので…」

[3.6 ACLグループG第1節 浦和3-0ブリーラム・U 埼玉]  嫌な流れを断ち切る勝利となった。
だが、焦りはなかった。「ホームだし、ボールを動かせていたので、リスク管理をしながら、ゴールにつなげる部分の質を求めていこうとハーフタイムに話したと後半を迎えると、同5分にDF槙野智章のゴールで先制に成功する。先制直後こそ相手にゴールを脅かされる場面を作られながらも、徐々に流れを引き戻していく。」
同点に追い付こうとするブリーラム・Uには「ギャップが生まれてきた」ため、「うまくそこを使えたと間でボールを受けては前を向き、的確に散らすだけでなく、自らドリブルで運んで追加点を狙った。後半30分にはMFエヴェルトンのスルーパスのこぼれ球に反応すると、「こぼれ球をMF橋岡大樹が蹴り込んでチーム2点目が生まれる。
さらに同43分にも橋岡が加点して、3-0の完封勝利で今季初白星を手に入れた。3試合白星がなかったこともあり、「精神的には勝利がなかったので…」と苦笑しつつも、「そういう意味では良かったと白い歯を見せる。だが、「浮かれてはいられないと表情を引き締め直すと、「中2日で試合があるし、その後もACLのアウェー戦があるので、頭を切り替えて戦わないといけないと次なる戦いへと向かう。

 
ref
 

ゲキサカ @gekisaka

初白星に安堵の浦和MF長澤「精神的には勝利がなかったので…」 gekisaka

コメントは受け付けていません。