イニエスタ四ツ木駅に登場 キャプテン翼との縁語る

元スペイン代表MFアンドレス・イニエスタ(34=ヴィッセル神戸)が4日、都内の京成電鉄・四ツ木駅で行われたイベントに出席した。
深緑のセットアップに白いスニーカー姿で出席したイニエスタは高橋氏とともにステージに立ち「日本に来る決断をするうえで重要なことはたくさんあったが、キャプテン翼が作られた日本でプレーできることはとてもうれしいこと」と笑顔で語った。キャプテン翼はテレビアニメで見ていたと話す。「6歳か7歳くらいだったと思う。
朝8時から放送していて、学校に行く前に母にテレビをつけてもらってよく見ていた。お気に入りだったと当時を振り返った。主人公の大空翼が得意とするドライブシュートやライバルとして登場するGK若林源三のセーブなどを覚えているという。
「(漫画の)なかにはすごく難しい技もあってなかなかできないものもあるけど、サッカーのいいところはクリエーティブにプレーできること。それを実現しようとやってきたと、幼少期に受けた刺激をなつかしそうに振り返った。四ツ木駅の特別装飾や、イニエスタがオフィシャルサポーターになったことについて高橋氏は「漫画を描きはじめたころには夢にも思っていなかった」と驚きを口にした。
漫画では大空翼とイニエスタの前所属であるスペイン1部バルセロナでプレーする姿が描かれた南葛SCのユニホームがおくられた。

 
ref
 

フリーバード @freebirdism

四つ木がフォーカスされてる!まさかイニエスタが四つ木に来るとは… 【朝刊ニュース!】イニエスタがキャプ翼イベントに登場!作者高橋先生も笑顔「イニエスタ選手がまさか四ツ木駅に」

コメントは受け付けていません。