稼働率はわずか58%…レアルのペレス会長が遂にベイル売却にGOサインか

レアル・マドリードに所属するウェールズ代表MFギャレス・ベイルが退団に近づいているようだ。
しかし、ベイルは負傷で離脱することも多く、同紙によると、レアル・マドリードの会長を務めるフロレンティーノ・ペレス氏は遂にベイルの売却に踏み切るようだ。
昨夏の移籍市場で盛んに報じられていたマンチェスター・Uへの売却には否定的だったとようだが、現在は1億ユーロ(約127億円)ほどのオファーがあれば売却に踏み切るようだ。

 
ref
 

bontakun@サッカー垢 @bontakun_wccf

結局、これがベイルが一番必要とされ辛い理由。 怪我をせず、常に試合に出ることができるのも、また一流の選手の要素の一つだけど、ベイルにはそれが決定的に欠けてしまっているイメージがあるなあ。 稼働率はわずか58%…レアルのペレス会長が遂にベイル売却にGOサインか

コメントは受け付けていません。