ベルナベウがベイルに最後通告を突きつける

24日にバレンシアで行われたレバンテ戦(1-2○)で、ベイルがバスケスの祝福を拒絶すなどいら立ちを見せて話題になった。
クラシコで力を発揮してきたベイルにとってこれは危機的な事態である。バルサに追い詰められ、窮地に立たされたソラーリはベイルを投入するしかなかった。
しかしフィールドに入る直前に、既にソラーリはベイルに対して絶望する羽目になった。なぜならユニフォームを着用し準備するのに通常よりも時間がかかったからだ。0-1の状態でルーカス・バスケスと交代したベイルはその後68分間プレーした。
最終的に試合は0-3でバルサの勝利に終わった。ソラーリの賭けは失敗に終わってしまった。ベイルを投入しても事態は何も好転せず、67分に一度ゴールの好機を得るにとどまった。
シュートに持ち込んだもののボールは観客席方向に逸れ、しかも判定はオフサイドとなった。この有様にベルナベウの観客たちは堪忍袋の緒が切れ、しかも判定はオフサイドとなった。
残る唯一の希望は欧州CLである。ルーカス・バスケスの手を振り払ったことで非難を浴びたベイルはSNSを通じて謝罪しているが、レアル・マドリーにおけるベイルの立場が微妙であることは明らかだ。会長フロレンティーノ・ペレスが今夏の移籍市場でベイルを売却する決心をするかどうかは未定だが、サポーターたちはベイルに最後通告を突きつけている。

 
ref
 

【追加コンテンツ】少々お待ち下さい。

使用キーワード: ベルナベウ ベイル 最後通告

使用代替キーワード: サッカー

コメントは受け付けていません。