三菱養和SCユースGK渡辺は徳島でプレーするOBくらいに「ゴールを守る」ことを表現し、結果を

三菱養和SCユース(東京)のGK渡辺舜作(2年)は、がっちりとした体格からビッグセーブを繰り出し、左右に正確なキックを蹴り分ける期待の守護神だ。
昨年は一つ失敗をしてしまうと、それを引きずってしまう部分があり、それが守護神の座から遠のく原因になっていた。だが、練習を重ねてきた現在はミスから切り替え、修正する力がついてきたという。そして、試合では持ち味のセービング能力を発揮し、チームに流れをもたらしている。
「GKは失点したらいけないポジションなので、そのリスクも考えてなんですけれども、止めれるシュートは全部止めて、チームが苦しい時も自分が止めて流れを持って来れるポジションだと思うので、そこを突き詰められたらいい」 昨年、チームはプリンスリーグ関東で8位。ギリギリの残留だった。失点はリーグで4番目に少ない31。
渡辺はその失点数を大幅に減らして、白星に繋げる意気込んだ。
目標は高校から直接プロ入りすることだ。「目指す場所はそこなので、行けるものならば行きたいですし、それを目指すことがチームの勝ちにも繋がると思う。自分たちの勝利のためにやって、あとで結果がついて来ればいいと思いますと渡辺。」
意識しているGKは三菱養和SCユースから直接松本山雅FCへ加入し、その後富山で経験を積んで、今年徳島でJ2デビューを果たしたGK永井堅梧だ。「あんまり話したことはないんですけれども、ウブさん(生方修司監督)に話を聞いたりすると、「アイツはディフェンスとかにも激怒していてゴールを守るという表現が凄かったと、「まだオマエは足りないと言われているので、自分のキャラを変えるじゃないですけれども、もっと(ゴールを守るという表現が凄かったと、「まだオマエは足りないと言われているので、自分のキャラを変えるじゃないですけれども、もっと(ゴールを守れたらいい」。
渡辺も力のあるGKだけに、先輩のようにゴールを守ることによりこだわり、今年の結果に繋げる。

 
ref
 

三菱ニュース @MITSUBISHINews2

三菱養和SCユースGK渡辺は徳島でプレーするOBくらいに「ゴールを守る」ことを表現し、結果を | ゲキサカ ゲキサカ 三菱養和SCユース(東京)のGK渡辺舜作(2年)は、がっちりとした体格からビッグセーブを繰り出し、左右に正確な…

コメントは受け付けていません。