ジョン・テリー、サッリの最終決断に驚き「無理やりにでも…」

チェルシーのレジェンドの一人であるジョン・テリーは、カラバオ・カップ決勝チェルシー対マンチェスター・シティの延長戦終盤に起きた監督マウリツィオ・サッリとGKケパ・アリサバラガの間に起こっている問題について言及している。
私はケパを無理矢理にでも交代させなかったことに驚いている。次の24時間でどのようにこの問題が解決されるか非常に興味深いと語っている。一方で、チェルシーは、すでにこの件の火消しを行なっており、ケパの反応とベンチでのサッリの怒りが大きな問題は過ぎたこととしている。
サッリのプレスカンファレンスでの発言とケパのSNSを通した声明によれば、全てはコミュニケーションの誤りであり、ケパのSNSを通した声明によれば、全てはコミュニケーションの誤りであり、ケパのフィジカルコンディションがメイントピックだったということである。ただ、「もし、自分がロッカールームにいたら、監督サッリがとるべきだった対応についてテリーは言及している。」

 
ref
 

くま @man93167517

サッリも解任かー、まだ決まってないけど この短さで解任すんならなんでサッリを選択したんだろ それだけ余裕がないんかなぁ もうさ、ジョン・テリーに監督させたら? スールシャールもレジェンドやん テリーなら闘魂注入はしてくれるよ、闘う人だから

コメントは受け付けていません。