無念の負傷交代も…マタ「ケガをしてでもサラーを止めたかった」

24日に行われたプレミア第27節リバプール戦で負傷交代したマンチェスター・ユナイテッドのMFフアン・マタが、クラブの公式ウェブサイトで同試合を振り返った。
ボールを受けようと右サイドを駆け上がるFWモハメド・サラーを警戒しながら帰陣したマタは、自陣PA内でサラーのカウンターを止めるためにダッシュしたときは、どうかこれ以上、悪くならないでくれと祈っていた(それでも絶対に止めなくちゃならなかったんだ)」 その後、プレー続行不可能と判断されて同25分にMFジェシー・リンガードとの交代を余儀なくされた。現時点で負傷状況は不明だが、「深刻な状況でないことを願っている。
できるだけ早くピッチに戻れるようにと語っている。

 
ref
 

ゲキサカ @gekisaka

無念の負傷交代も…マタ「ケガをしてでもサラーを止めたかった」 gekisaka

コメントは受け付けていません。