チェルシー守護神の“交代拒否”騒動…モウリーニョが持論を展開

チェルシーに所属するスペイン代表GKケパ・アリサバラガの“交代拒否”について、ジョゼ・モウリーニョ氏が口を開いた。
しかし、ケパはこれを頑なに拒否。サッリ監督は怒りを露わにしていた。その後、ケパはこれを頑なに拒否。サッリ監督は怒りを露わにしていた。
試合終了後、サッリ監督は「互いに誤解があった。彼はフィジカル面での問題で交代を命じたと思っていたようだ。だから、「フィジカルに問題はない」と彼は言っていた。
そういう意味では正しかったと思うが、私が率いた時にこのようなことが起きたことはなかった。
GKは個性と自信を示したいと思うものだ。彼はそれを望み、PKを止めてチームを救いたいと考えた。私はそういった姿勢が好きだねと語り、ケパの行動を尊重した。
一方でモウリーニョ氏は、チームにとって「複雑な状況」を引き起こしたとも考えている。「気に入らないのは、ケパが監督やコーチ、選手全員を非常に壊れやすい状況に置いたことだ。それにカバジェロ。
見ていて本当に悲しかったと、準備しながらもピッチに入れなかったアルゼンチン代表GKを思いやった。

 
ref
 

Jリーグ情報ちゃん@町田ゼルビア推し @jleageuni

モウリーニョ氏、チェルシーGKの“交代拒否問題”に「姿勢は好きだ。だが…」  守護神ケパ・アリサバラガの交代拒否に揺れるチェルシー。ジョゼ・モウリーニョ氏は、古

コメントは受け付けていません。