手倉森監督も満面の笑み…長崎が長谷川V弾で横浜FCを撃破!新体制初陣を白星で飾る

[2.24 J2第1節 長崎1-0横浜FC トラスタ]  24日、2019シーズンのJ2リーグが開幕。
2007シーズン以来のJ1復帰とはならなかった。新シーズン初戦は、スタメンに新戦力を含めず、熟成されたメンバーで開幕戦に臨んだ。前半はともにシュート5本だったが、よりゴールに迫ったのは長崎だった。
19分、敵陣浅い位置で玉田が左足で狙うが、わずかに枠を外れた。
後半も決定機が多く訪れたのは長崎。11分、MF島田譲が左CKからアウトスイングのボールを蹴り込み、イ・ジョンホがヘディングシュートを放つ。体勢を崩しながら頭で合わせたが、クロスバーに当たって得点とはならず。
17分にFW戸島章と攻撃的な選手を投入。
先制点を狙いに行った。35分には、PA左から瀬沼がクロスを供給すると、MFレアンドロ・ドミンゲスがダイレクトでシュートを放つが、GK徳重健太の正面に飛んでしまい、チャンスを逃す。
残りの時間を10人で戦うことになった。すると、均衡は後半45分に破れた。長崎はFKの流れから角田がシュート。
相手のブロックに遭い、PA左に飛んだ浮き球のボールを長谷川が左足ボレーで完璧に合わせ、ニアの狭いスペースを抜けてゴールネットを揺らした。手倉森監督も喜ぶ選手たちに駆け寄り、笑顔でハイタッチした。試合はこのまま1-0でタイムアップ。
長崎が1年でのJ1復帰に向けて好スタートを切った。

 
ref
 

たあ @h77yEA6Q135bajz

次はカズがでて、勝つぞ! 手倉森監督も満面の笑み…長崎が長谷川V弾で横浜FCを撃破!新体制初陣を白星で飾る(ゲキサカ)

コメントは受け付けていません。