「何年やっても課題は同じ」38歳開幕スタメンの川崎F中村憲剛、ドロー発進悔やむ

[2.23 J1第1節 川崎F0-0FC東京 等々力]  3連覇を目指す王者川崎フロンターレの新シーズンはドロー発進となった。
チェイシングで前線に残っていた中村にMF橋本拳人のバックパスが渡り、エリア内から左足シュート。決定的な場面だったが、至近距離で体を当てたGK林彰洋に阻まれ、ゴール右に外れた。
「自分も含めて外しましたし、そこは反省材料」。その後もFW小林悠が立て続けにシュートを放ったが、決定機を生かせず、スコアレスドローに終わった。「悔しい引き分けです。
「開幕戦というピリッとしたゲームでは1点が勝負を分ける。後ろがゼロで守ってくれただけに、決めないと。何年やっても課題は同じです」。
チームが向かう方向性に迷いはないが、「より質を高めなきゃいけないと悔しさをにじませた。史上初となる開幕節の“多摩川クラシコ”。「球際も厳しかったし、バチバチいくところもあった。」
得点が入らなくても見所は多い試合だったと思う」。攻守で存在感を見せた21歳年下の久保建英について印象を聞かれると、「何歳でしたっけ?17歳。(長谷川)健太さんが使っている時点で証明されている。
良いプレーヤーであることは間違いないと思いますと語った。

 
ref
 

紗涼≪光の鷹党 on Ultima≫ @Saryo_FF14SH

出た~~160キロ!ソフトバンク田中正義2回0封 - Yahoo!ニュース 「武田、高橋礼、大竹、中田、ドラフト4位の板東湧梧投手(23=JR東日本)らと残り3枠を争う状況。」 中田はもういいよ。何年やっても制球力という課題をほったらかしにしてるバカな投手なんていらんわ。

早川@練習・鍛錬 @hayakawa_mozu

課題を持たずに行う練習は、毎日のシャンプーと同じで、何年何十年やっても上達するものではない。

コメントは受け付けていません。