ヴェンゲル氏、“注目銘柄”サンチョ獲得間近であったことを明かす

昨季までアーセナルを率いていたアーセン・ヴェンゲル氏が、ドルトムント所属のイングランド代表FWジェイドン・サンチョの獲得を試みていたことを明かした。
 ヴェンゲル監督は「beINSports」のテレビ放送にコメンテーターとして出演した際に、ビッグクラブからの“注目銘柄”となったサンチョに言及。アーセナルで指揮を執っていた時に獲得に動いていたことを明かした。「彼がマンチェスター・Cのトップチームで試合に出られていなかったから、彼をアーセナルに連れて来ようとした。

 
ref
 

ten@gooner @ten1810

アーセナルはヴェンゲルがSDを置かなかった。ヴェンゲルの後はガジディスが「やっとおれの出番」とばかりに職責を増やして辞めたw 今は、スカウトはいるけどディレクションする人がいない。でも、リストアップされる選手はエメリと話せてるからいいかって状態な気がする。

サミル・ナスリbot @samir_nasribot

ペジェグリー二の練習指導について「監督の取り組み方は、ちょっとヴェンゲルっぽい。トレーニングもそうだし、態度も似ているね。僕が一緒にやったことのあるほかの監督との違いは、彼は長い間トレーニングにいるというところだ。何かが間違っているとき、彼は恐れずにトレーニングを止める。」

Jリーグを世界へ @tatsuo198812021

「人々の記憶に残るのは、フットボールを芸術の域にまで高めたチームだ。だからこそフットボールは愛されているんだ。」byヴェンゲル soccer 名言 感動 スポーツ 言葉 夢 サクセスストーリー 一流 スター

Gooner_TAKU @taku0713

無論監督はチームのヒューマンな面も扱わねばならない。戦術の道具であっても選手は人でありそのように扱われるべきだ。だが選手は変化に対応する義務がある。ヴェンゲルの晩年2年ほどは選手も変化を望んでいたように見えた。(もちろん、変化はよい変化でなければ…

Gooner_TAKU @taku0713

エメリは、ゴルフクラブのように、選手を戦術道具のように見る。時に3番ウッド、時に5番アイアン。ファンがこのやり方に慣れるのには時間がかかる。ファンの大好きなラムジーもエジルも出場が確約されなくなったのだから当然だ。彼らはヴェンゲルのアーセナルを感…

Gooner_TAKU @taku0713

なによりもヴェンゲル時代のやり方と大きく違う。善し悪しはあれど、我々は創作上の特権を得た選手たちに慣れきっている。この特権召し上げがエジルから歓迎されなかっただろうことは想像できる。そのメリット・デメリットも議論のあるところだ。エジルにとっては適…

mmsfp 6.23参戦 @bakajanaihagime

アーセナルは割とスタッフ長く扱う印象 ヴェンゲル時代のコーチ ボールドまだいるし… モンチは来て欲しかった…切実

ten@gooner @ten1810

ココから読み取れるのは、ディンが抜け、経営面にも関与していたヴェンゲルの幅の広すぎる職責が、未だに最適な形で分割され、適任者がアサインされていないことだ。ミスリンタードはTDとして適任でなかった、のではなく、職責の分担上最適ではなく、彼の望みの職責を預けられなかった、と見ている。

ten@gooner @ten1810

「ミスリンタードは、ドイツの一部の選手を知っているに過ぎない」これが、ヴェンゲルの本心なのか、自分の職権を侵されることを嫌うヴェンゲルの「身を守るとげ」だったのか、それはわからない。しかし、現時点でエメリ・アーセナルを救っているのはオーバメヤン、ソクラテス、トレイラたちだ。

my @moriokarinho

出た、ヴェンゲルの獲得間近だったシリーズ。 ヴェンゲル氏、“注目銘柄”サンチョ獲得間近であったことを明かす(SOCCER KING) - Yahoo!ニュース

コメントは受け付けていません。