香川の同僚になったアルカセル 新天地ドルトムントで17分ごとに1ゴールの活躍

FCバルセロナで出場機会が少なかったパコ・アルカセルは今夏、ボルシア・ドルトムントへのローン移籍の決断を下した。
■ドルトムント移籍後今夏の終盤にアルカセルをローン移籍で獲得したドルトムントは2,300万ユーロ(約30億円)+インセンティブ500万ユーロ(約6億6000万)の買取オプションを有している。アルカセルは8月28日にドルトムント加入が決定し、チームへの順応期間を経て9月14日の元日本代表MF長谷部誠擁するフランクフルト戦でデビューを果たすと、24分に新天地での公式戦初ゴールをマークした。しかし、その後はタイミングの悪い筋肉系の怪我によってUEFAチャンピオンズリーグのブルージュ戦、ブンデスリーガのホッフェンハイム戦、ニュルンベルグ戦を欠場した。
■怪我から復帰したアルカセル怪我から復帰したアルカセル怪我から復帰し、昨日のレヴァークーゼン戦でドルトムントは63分まで2点のビハインドを負っている状態からわずか30分足らずで4点を奪い、逆転勝利を収めた。そして、その内の2ゴールを決めたのがアルカセルだった。
要するに平均17分間に1ゴールという、驚異のペースでゴールを決めている事となった。アルカセルの今後の活躍にも注目したい。

 
ref
 

うよ @whsphr03

一仕事する前、なかなか気が向かなくてできないってときに「うーん、あれしようと思うと大変だしヨイショがいるんだよなあ」って言う 親が使うから疑問に思ってなかった でも今日ふと言ったら「え、どういう意味?」って言われてえっ!?なった まじで?使わない? 親は香川、同僚は広島と岡山1人ずつ

takara @takara94

やはりいいよね。。。香川の同僚になったアルカセル 新天地ドルトムントで17分ごとに1ゴールの活躍() - Yahoo!ニュース

コメントは受け付けていません。