「本当に大変でした」世界切符獲得にU-16森山監督も安堵

[9.30 AFC U-16選手権準々決勝 U-16日本代表 2-1 U-16オマーン代表 マレーシア]  U-16日本代表は30日、19年U-17ワールドカップへの出場権を懸けたAFC U-16選手権マレーシア2018の準々決勝でU-16オマーン代表と対戦し、2-1で競り勝った。
本当に大変でしたと繰り返した。グループリーグでは第2戦のタジキスタン戦でスコアレスドロー。マレーシアとの最終戦は雷雨で翌日に順延となるハプニングにも見舞われた。
それでも2勝1分の勝ち点7でグループを首位突破。迎えたオマーンとの準々決勝は前半14分にFW西川潤(桐光学園高)の今大会初ゴールで先制しながら、その7分後に追いつかれ、1-1の同点で折り返した後半は怒涛の猛攻を見せるも、なかなか勝ち越しゴールを奪えなかった。「ここまでの試合も本当に苦しかった。」
それでも集中を切らさず、1失点したけど、我慢して我慢してつかんでくれた。選手におめでとうと伝えたい 何度もビッグチャンスをつくりながら2点目が遠い、2-1で勝利した。
準決勝、7日に決勝を控える。

 
ref
 

【追加コンテンツ】少々お待ち下さい。

使用キーワード: 本当 大変 でした

使用代替キーワード: サッカー

コメントは受け付けていません。