アルベロア「メッシが引退するのがあまり遠い日でないことを願っているよ。指折り数えてね」

月曜日、テレビ番組『El Chiringuit』にゲスト出演したアルバロ・アルベロアは、期待通りのコメントを発してくれた。
「バルサが嫌いだから言ってるんじゃない。それがレアル・マドリードの利益になるから言ってるんだ。実際、私はバルサは素晴らしいチームだと思っている」 クラシコの思い出について、アルベロアは次のように話した。
「いつも勝つためにピッチに出て行ったよ。スペイン代表には友人がいなかった。当時の代表選手でマドリードに所属していたのは自分だけだったからね。」
だからクラシコには常に緊張感を持っていたんだ。ジダンがルイス・エンリケの首をつかんでいるのも見たよ 2017年1月、アルベロアはかつての恩師ジョゼ・モウリーニョの誕生日にお祝いのメッセージを送った。しかし、このとき添付した写真に、指揮官と犬猿の仲だったイケル・カシージャスが写っていたことが問題になっている。
アルベロアはこの写真がわざとじゃないことを前置きした上で、「あんなものを選んでしまったばかりに、とんでもないことになったねと振り返っていた。最後に元ディフェンダーは、現在のレアル・マドリードについても語っている。「マドリードが今シーズンのリーガで優勝するのは難しいと思うけど、あまりにも批判が多すぎるね。」
イスコについても同様だ。彼は本来のポジション以外でもプレーしている。私はイスコの一番のファンだ。
「順調に行けば、今後ずっとマドリードを支える選手になると信じている」。

 
ref
 

わっざー @wazza_mu10

アルベロア「メッシが引退するのがあまり遠い日でないことを願っているよ。指折り数えてね」(ムンドデポルティーボ日本語公式) - Yahoo!ニュース

コメントは受け付けていません。