浦和、興梠2発で柏との激闘制し3連勝!6戦勝利なしの柏は17位に/J1第28節

明治安田生命J1リーグは29日に第28節が行われ、浦和レッズと柏レイソルが対戦した。
29分には、カウンターからオルンガのシュートを許すなど、ピンチを招く。すると35分、柏が先制に成功。中盤で江坂がDFラインの裏へ走り込んだ瀬川にダイレクトパスを送ると、最後は江坂のラストパスをオルンガが合わせ、ネットを揺らした。
リードを許した浦和だったが、すぐに同点に追いつく。38分、興梠がポストプレーから右の武藤に展開すると、エリア内に侵入した長澤にクロス。背番号15が試合を降り出しに戻す。
畳み掛ける浦和は、一気に逆転に成功。41分、興梠がCBにプレッシャーをかけ、こぼれ球を武藤が拾ってラストパス。受けた興梠は、前に出ていたGKの位置を見てエリア外からループシュートをねらい、ネットを揺らした。
エースのおしゃれなゴールで前半のうちに逆転する。すると60分、同点弾が生まれる。
左サイドの低い位置からクリスティアーノがクロスを入れると、フリーとなっていた瀬川が頭で押し込んだ。18番の4試合連続ゴールで、柏が追いつく。勢いが出た柏は、67分に伊東のクロスがバーを叩くなど、ゴール前に迫っていく。
対する浦和も攻勢にでるなど、試合はオープンな展開となっていく。浦和は74分、青木のミドルが惜しくも枠外に。78分の岩波の強烈なシュートも、枠を外れてた。
なかなかゴールが決まらなかった浦和だが、エースが待望の勝ち越し点を奪う。81分、左からの大きな展開から、エリア右の武藤がクロスを上げると、興梠が合わせてネットを揺らした。
試合はこのまま終了。浦和が本拠地で3-2と勝利を挙げた。この結果、浦和は3連勝で勝ち点を41に伸ばした。
一方の柏は6試合勝利なしとなり、勝ち点30のまま。自動降格圏の17位に位置している。

 
ref
 

ぎょく。 @amora_438_a

杉本じゃなくて絶好調の浦和の武藤を選んで欲しい浦和サポの気持ちはものすごく分かるんだけど、恐らく鈴木優磨のポジションは大迫の控えで3トップの真ん中だった訳で、そのポジションに武藤を選べ!は無理がある気が、、、 でも、杉本はないだろと思うので、間をとって興梠にしません??

学生グーナー @soccerasasasa

全盛期ミシャ時代の浦和のサッカーほんまに好きでワクワクしてた覚えある。森脇 那須 槙野 宇賀神 右は平川? 武藤 興梠 李忠成の3人の連携もすこやった、阿部と柏木も

K @jadmiu9

浦和に移籍して消えた選手か…矢島慎也、武富孝介、山田直輝、ズラタン、菊池大介、李忠成とか移籍しても存在感無くなるイメージだけど、遠藤航や駒井、興梠みたく成功する選手もわずかにいるのか、成功例の少ないレッズに何で移籍しようと思うのかな?

そう@12/1 vs湘南(瑞穂) @DSou0728

個人的に他の候補は 直輝(名古屋)、川又(磐田)、興梠(浦和)、武藤(浦和)、古橋(神戸)、都倉(札幌)、瀬川(柏)、、、 いっぱいおると思うが

ゆきこ @YUKIKO05290902

子供質問コーナー 『日本で一番すごいと思ったプレーヤーは?』 ドゥシャン『浦和に興梠選手。すごく頭がいい。驚いた』 ブマル『飯倉大樹です。GKとして最高。フィールドの選手にように本当にうまい』

よーへー @consasukimisoj1

今朝の道新。あすホーム浦和戦、浦和は3-4-3を基本布陣としてきたが、直近の5試合は3ボランチの3-5-2を採用、攻守に安定した戦いを見せ、3勝1分1敗と好調、エース興梠と武藤の2トップは得点力に加え、縦パスを受けて攻撃の起点になるプレーもうま…

ニュース速報(一般紙系) @FastNewsJP_

[時事]ふがいなさ晴らす2発=エース興梠、ここぞの働き-Jリーグ・浦和 降りしきる雨の中、両腕を広げて喜びを表した。浦和のエース興梠が、相手を突き放す2ゴール。「勝利に貢献できてよかった」と充実感を漂わせた。献身性と積極性が光る。1-1の前半41分、自らのプレスで…

コメントは受け付けていません。