香川真司がベシクタシュ残留の可能性も…代理人「彼の決断次第だろう」

ベシクタシュで華々しいデビューを飾ったMF香川真司が、来季もトルコでプレーするかもしれない。
わずか3分で2ゴールを決め、ファンの心を鷲掴みにした。トルコ複数メディアから称賛を受け、入団会見では現地記者から「何年も一緒にいて、カガワ」と日本語で懇願された香川。ベシクタシュとの契約は今季終了までで、買い取りオプションは存在しないと報じられており、来季はドルトムントでプレーすることになる。
そんな中、香川の代理人を務めるネクデット・エルゲゼン氏が「NTV」に対して、「ドルトムントとの契約は2020年6月までだ。しかし、香川が残留を望んだ場合、ドルトムントに問題があるとは思わない。シーズン終了時には、契約はあと1年になる。
これはベシクタシュにとって有利に働くかもしれない。残留したいと願えば、クラブ間で交渉して移籍金を支払うことになる。香川の決断が決定的なものになるだろうと、香川の決断次第であるとの見解を示した。

 
ref
 

yuumi_hosino @yuumi_hosino

PEACH ちゃんねるⅡ: 【サッカー】<ベシクタシュGM>香川真司の長期残留を期待!「今後数年ここにいるだろう」 beチェ

2NN 芸能・スポーツ速報+ @2nn_mnewsplus

【サッカー】<ベシクタシュGM>香川真司の長期残留を期待!「今後数年ここにいるだろう」

syhon 対戦争憲法の準備が必要 @syhon3000

香川真司の長期残留を期待 ベシクタシュのGM「数年はいるだろう」 「この試合が満員になるのはアンタルヤで香川が決めた2つの宝石のおかげだ」とエンギンGM。←にもかかわらず出場は66分からだからね。その言い方は客に対する詐欺だろう。

Google ニュース @GN_JP

香川、ベシクタシュ加入は「夏までのレンタル」…外国人記者からの“残留願い”も - SOCCER KING ドルトムントからベシクタシュへレンタル移籍したMF香川真司が、5日に…

コメントは受け付けていません。