メッシ「僕たちは何も捨ててない。すべてに勝ちたいんだ」

月曜日に行われた『Gran Gala Mundo Deportivo』で表彰されたリオネル・メッシは、授賞式のコメントでファンに向けて「カンプ・ノウに来て欲しい」と呼びかけていた。
バルサはコパ・デル・レイを諦めているという人もいるけど、僕たちは何も捨ててない。すべてに勝ちたいんだ。このチームは毎シーズンすべてのタイトルを目指している。
バルサにいるということはそういうことなんだレオは力強くコメントした。その後メッシは、この試合における自身のパフォーマンスを振り返っている。「ゴール前で何度かチャンスをもらったけど、ミスを続けてしまった。」
スアレスのプレーから幸運にも決めることができたけどね この日ゴールを守ったヤスパー・シレッセンについては、その活躍を喜んでいるようだ。「2点のビハインドで迎えた試合だった。もしあのペナルティキックを決められていたら、さらに難しい試合になったと思う。」
シレッセンのセーブは決定的だったよ メッシはペナルティキックをコウチーニョに譲ったことについても語っている。「フィリペが最後にゴールを決めさせたかったから、僕の代わりに蹴るように言ったんだよ」。

 
ref
 

Funakky @kaikai19992

バルサはそうじゃなくて、自分たちのスタイルがあって、自分たちのサッカーがある中にメッシがたまたまいるだけ だから正直メッシが引退したら戦力ダウンにはなるものの大崩れすることはない ロナウドとメッシをクラブ規模で比較したい人はそこまで見て話をしろよって感じ

コメントは受け付けていません。