日本代表GK権田修一がポルトガルのポルティモネンセ移籍

J1鳥栖は29日、現在アジアカップに出場中の日本代表GK権田修一(29)がポルトガル1部のポルティモネンセに完全移籍することが決まったと発表した。
17年は全34試合に出場し、鳥栖の守護神として活躍した。また、ポルティモネンセには日本の中島翔哉が所属している。日本代表としては、各年代別代表を経験。
12年ロンドン五輪代表も務め、ベスト4進出に貢献した。2014年ブラジルW杯メンバーにも入ったが出場はなかった。権田は鳥栖を通じ、「サガン鳥栖での2年間、皆さんには常勝という最高のファンサービスはできませんでした。」
それでもみなさんが最高の応援をしてくれた事、本当に感謝していますとサポーターへの思いをつづった。「サガン鳥栖を愛する気持ちを持てば密度の濃い強い砂岩ができあがると思いますと呼びかけた。」

 
ref
 

footies! @footies_jp

サッカー日本代表ゴールキーパー 権田 修一選手がuhlsportと契約。 新天地ポルトガル1部のポルティモネンセSCでの活躍にも期待! footies!掲載のuhlsportのグラブもプレゼント募集中! ウールシュポルト uhlsport footies 高校サッカー 権田修一

サッカー @pt7412

サッカー日本代表のゴールキーパーで、J1サガン鳥栖の権田修一選手がポルトガル1部のポルティモネンセに移籍することになりました。

toritube @toritube

日本代表GK サガン鳥栖の権田がポルティモネンセ移籍 サッカー日本代表のゴールキーパーで、J1サガン鳥栖の権田修一選手がポルトガル1部のポルティモネンセに移籍することになりました。

コメントは受け付けていません。