[新人戦]1年生8人先発の尚志が延長戦制して東北3位に。競争力高めてプレミア開幕戦へ

[1.28 東北高校新人選手権3位決定戦 東北学院高 1-2(延長)尚志高 いわきFCフィールド]  28日、平成30年度東北高校サッカー新人選手権大会3位決定戦が行われ、尚志高(福島1)が延長戦の末、東北学院高(宮城1)に2-1で競り勝った。
尚志がMF新川祐太朗(1年)らが絡んでパスワークでシュートシーンを増やせば、東北学院もポジションニング巧みなMF小田尚輝(1年)らが絡んでパスワークでシュートシーンを増やせば、東北学院もポジションニング巧みなMF小田尚輝(1年)とFW佐々木聖(2年)とFW佐々木聖(2年)とMF新庄陽大(1年)やMF伊東新之助(1年)のドリブルでの仕掛けや佐藤の左足プレースキックから追加点を狙う。
追いついた尚志は、交代出場のMF石塚峻太(2年)がインターセプトから決定的なシュートを放つなど一気に勝ち越しを狙う。だが、東北学院はCB高橋和希(2年)のシュートブロックなどでピンチを凌ぐと、攻め合いとなった後半半ば以降にカウンターやサイド攻撃から決定的なシュートを放つなど一気に勝ち越しを狙う。だが、東北学院はCB高橋和希(2年)がインターセプトから決定機を連発する。
試合は1-1で突入した延長前半3分に尚志が勝ち越す。パス交換から交代出場のFW{{木村快(1年)がスルーパス。PAにこぼれたボールをMF平田晴也(1年)が右足でゴールに流し込んだ。
東北学院は佐藤を前線に上げて反撃。延長後半終了間際には左サイドを駆け上がった佐藤のラストパスが熊谷に通ったが、シュートはゴールのわずか左に外れてしまう。直後に試合終了。
尚志が3位に入った。選手権で7年ぶりに4強入りした尚志は、同大会得点王のFW染野唯月主将(2年)が高校選抜候補合宿に参加していた関係で不在。その中で、この日は1年生8人が先発するなど、下級生の台頭が目立つ。
だが、準決勝で再び青森山田に競り負けて悔しい大会になった。佐々木は「2年生が危機感持たないといけない」。怪我で不在のCB中川路功多(2年)や突破力優れるMF郡司克翔(2年)、俊足MF松本岳士(2年)をはじめとした2年生の巻き返しが求められる。
選手権では東福岡高や前橋育英高を撃破し、成長してくるか注目だ。仲村浩二監督は「(新人戦は)色々な選手でどこまでできるのか、見極めになったと語り、「2年生がここからの取り組みでどう変化し、成長してくるか注目だ。仲村浩二監督は「(新人戦は)色々な選手でどこまでできるのか、見極めになったと語り、「2年生がここからの取り組みでどう変化し、準決勝で青森山田と死闘を演じた末に3位。」
今後はこの新人戦のように、エース染野が年代別日本代表や高校選抜の活動によって不在になることも予想される。染野が不在でも勝つチームになっていかなければならない。

 
ref
 

高校サッカー&ユース<U-Soccer> @YSSoccer8

[MOM2805]尚志MF伊東新之助(1年)_“尚志のベイル”へ。期待のレフティーが同点弾: [高校サッカー・マン・オブ・ザ・マッチ][1.28 東北高校新人選手権3位決定戦 東北学院高 1-2(延長)尚志高 いわきFCフィールド]…

高校サッカー&ユース<U-Soccer> @YSSoccer8

[新人戦]1年生8人先発の尚志が延長戦制して東北3位に。競争力高めてプレミア開幕戦へ: [1.28 東北高校新人選手権3位決定戦 東北学院高 1-2(延長)尚志高 いわきFCフィールド]…

sakuragram.s @niwadani

手前の投稿で、ダンスタ新人戦を見に行けない可能性大なんだけど、チケットだけは頑張ってみよか(^o^) 欲しいって方居てるかもわからんし~ ひょっとしたら自分も行けるようになるかもわからんしな(;&039;&039;∀&039;&039;)

【悶絶!!】思わずワロタwwww @warotamon

【容赦なし】 桜花学園の新人戦 黒バスよりえげつないwww

岩瀬 @aoaka_note

ゼルビアもユースはいよいよT1だし、これからまた先を考えるとU-15も関東リーグが目標になる。もしこのU-13新人戦決勝で勝てばまずはU-13が関東に昇格する。それはクラブにとって間違いなく大きな一歩。東京の育成年代の勢力図もさらに変わっていくかもしれない。

コメントは受け付けていません。