ベンゼマが強気の主張 「俺は10番の武器も持った9番だ」

レアル・マドリーのFWカリム・ベンゼマは、RCDEスタジアム(エスパニョールのホームスタジアム)でエスパニョール戦に勝利した後、「FWにゴールを求める人々もいるが、俺は自分のことを10番の武器を持った9番だと思っている」と主張した。
ベンゼマは今後も同一戦のように継続していくことを強調した。「ハンガリー精神を持って、これを続けていく必要がある。毎試合、俺達が優れていることを証明していかなくてはならない。」
それだけだ同FWはリーガにおいて、チーム内の得点王である。フィジカルの問題と、マドリーのサポーター達との問題(ブーイングは現在、拍手に戻っている)を忘れ、彼の同胞であるアトレティコ・マドリー所属のグリーズマンより、10ゴール少ない数字である。

 
ref
 

ゆうき @MCI1996

おにぎりはこうでなくちゃな ベンゼマが強気の主張 「俺は10番の武器も持った9番だ」 FootballNEXT

コメントは受け付けていません。