南野 3得点全てに絡む活躍「得点に絡んでチームに貢献したいと思っていた」

◇アジア杯準決勝 日本3―0イラン(2019年1月28日 UAE・アルアイン)  アジア杯UAE大会に出場しているサッカー日本代表は28日、準決勝でイラン代表と激突。
0―0で迎えた後半11分、左サイドを駆け上がり、一度は倒れるが笛は鳴らずに左足でクロスを上げて大迫の先制点をアシストした場面については「僕が倒れた時に相手の足が止まったのがわかりました。笛も鳴ってなかったので、さこ君(大迫勇也)も流れで決めてくれたので良かったと思います」と語った。大迫との縦の関係について聞かれると「さこ君が入って落ち着く場面もあって、最前線で戦ってくれて凄くチームを引っ張ってくれました。
さこ君とはやりやすかったですと話した。試合全体に関しても「この大会の中で大一番というか決勝に向けて非常に重要なゲームだったと思います。チーム一丸となって勝利を目指して、結果が付いてきたので良かったです」と振り返った。

 
ref
 

カウアイ @kauai0043

日本代表。サウジや格下ベトナム戦でインパクトを残せなかった南野が、イラン相手に日本の全3得点に絡む大活躍。周りを活かせる(= 基点) 大迫がいないとダメか。実際、南野のほうが裏に抜けるし、シュートも上手くFWっぽくて。大迫は、むしろゼロトップかトップ下の働きか。

コメントは受け付けていません。