「息子が倒れたらダイブや演技なのか?」ネイマールの父親が反発

ネイマールは強烈なタックルを受け負傷に倒れた。
「W杯2014:意味の無い激しすぎるタックル。しょうがない、運命を受け入れる。どうしようもない。」
考え、祈り、そして私の息子が車いす生活にならなかっただけでも運が良かったという結論に達した。神様のお陰でそのようなことは起こらず、前を向けた「W杯2018:オフサイドの際に足首を強く踏まれた。人々は反則は無かった、ネイマールが演技をしたんだと言った。」
VARシステムがあり、世界中の人々が見ていた。最終的にわかってもらえたまたネイマール父は今回のストラスブール戦について次のように述べた。「同時に4度も反則をされ、バランスが崩れて倒れ、怪我をしたんだ。」
私の息子が倒れたらダイブなのか。何年も前から私は息子に付き添ってアドバイスをしている。
2014年のような打撃は審判によって守られなくてはならない。これは父親の苦情ではない。サッカーのこのようなシステムにほとほと疲れているネイマール父はマスコミに対して次のように批判した。
「多くのメディアがネイマールはファウルを受けて当然だと言う。悲しいことに私はそういうメディアを弾劾(だんがい)したい。私の息子はいつものように起き上がり、新たに始めるだろう。」
「今のチャンスに毒をしまっておくことだ、彼はいつものようにまた強くなって戻ってくる」。

 
ref
 

【追加コンテンツ】少々お待ち下さい。

使用キーワード: 息子 れたら ダイブ

使用代替キーワード: サッカー

コメントは受け付けていません。