スアレスVSストゥアニのウルグアイ人ゴール対決【リーガ21節 ジローナ対バルサ】

ウルグアイは、小国ではあるが、優れた選手を多く輩出している。
ストゥアニは、常に相手の脅威となっており、バルサもカンプ・ノウで行われたジローナ戦では大きな被害を被っている。
ストゥアニは、カンプ・ノウで行われたバルサ戦においてジローナの2ゴールをあげ、歴史を作っている。ストゥアニの得意とするプレーは、ヘディングであり、自身のゴール全体の3割を占めている。そして、右利きであるが、スアレスと同様に両足でゴールを決めることができる。
■ラ・リーガで止められないスアレスストゥアニが生まれて3ヶ月を待たずして、500km離れたサルト(ウルグアイ)にもう一人のゴールハンターであり、今回のジローナ戦で150試合目を迎える。
そして、スアレスのコンディションは最高潮である。毎シーズン、コンディションが尻上がりのスアレスは、ヘタフェ、エイバル、レガネスとリーグ戦直近3試合で連続ゴールを決めている。
そして、カンプ・ノウで行われたジローナ戦ではゴールを決めることができなかったが、今回のジローナ戦ではゴールを決めて、この連続ゴール数を伸ばしたいと考えている。なお、0-3で勝利した昨シーズンの敵地モンティリビで行われたジローナ戦ではゴールを決めて、この連続ゴール数を伸ばしたいと考えている。
また、スアレスは、5アシストも記録している。そして、その多くが右足であり、PKでは失敗知らずである。
親友であるストゥアニとスアレスは、日本時間28日(月)モンティリビで対戦する。まさにウルグアイ人によるゴール対決である。

 
ref
 

AK @agjdptptaoj

このままじゃコパアメリカはスアレスが足引っ張ってウルグアイ負けそうだな マキシゴメスとかストゥアニがいるんだしレギュラー変えていいんじゃないか てかヴィニシウス代表呼ばれるか楽しみや

コメントは受け付けていません。