ウルグアイ指揮官がコパ・アメリカ同組の日本に言及「大会に寄与するだろう」

南米サッカー連盟(CONMEBOL)は24日、ブラジルで今年6月に開幕するコパ・アメリカの組み合わせ抽選会を行い、日本代表はウルグアイ代表、エクアドル代表、チリ代表と同じグループCに入った。
抽選会に出席した71歳の名将は今大会の組み合わせについて「簡単なグループも難しいグループもない。それはメディアが作るものであり、フットボールの中には存在しない」と言及した。グループCで同居する日本とは、昨年10月16日に国際親善試合として埼玉スタジアムで対戦し、3-4で敗れている。
同監督はそれを踏まえ、「我々は昨年末に対戦した。(日本は)強く、非常に成熟されたチームだと思う。今回のコパ・アメリカのレベルに大きく寄与することになるだろうと語った。」

 
ref
 

半額商品 NEPAL(終了人の気象兵器) @NEPAL1982

親善試合とは違うってのと、スアレスが出てくるだけでたぶん思いっきり内容が変わる・・・というのが個人的な見解ではあるが、中盤支配はできるから戦術的には相性は悪くないと思う  ウルグアイ指揮官がコパ・アメリカ同組の日本に言及「大会に寄与するだろう」 | ゲキサカ

コメントは受け付けていません。