PKで決勝弾の堂安律、自信は増した? 「変わらない。過信にならないように圧倒的な自信を持っている」

日本代表MF堂安律は決勝弾にも浮かれず、自分自身への変わらぬ自信を持ち続けている。
この堂安のPKが決勝弾となり、日本は1-0で勝利を収めた。準決勝進出を決めた試合後、報道陣の取材に対応した堂安は、PKの場面について「入る気しかしなかったので、自信満々で蹴りました」と回顧。チーム全体のパフォーマンスに関しては、「連携面もそうですけど、勝つことが正直、全て。
もちろん2試合連続セットプレーでしかゴールを取れていないっていうのは課題を感じています。でも日本を背負って戦っている分、勝つことに意味がある。勝ててよかったですと改善点を口にしながらも、ベスト4入りを決めたことに安堵していた。
また、個人としての手ごたえや自信が高まったか尋ねられた堂安は「僕は、性格的に自信しか持ってないタイプ。自信を失うことは一切ないです。自信を持って今日の試合に臨みましたし、チームとしてもその自信はあると思います。」
(自信は)変わらないです。過信にならないようにですけど、圧倒的な自信を自分自身、持っているつもりでいますと力強いコメントを残した。日本代表は、28日に行われる準決勝でイランと対戦。
勢いに乗る堂安の引き続きの活躍に期待がかかる。

 
ref
 

けんけんjuventini @CR7_Juve

【 JP】 PKで決勝弾の堂安律、自信は増した? 「変わらない。過信にならないように圧倒的な自信を持っている」

シャムロック™ @miniminicuppa

自ら獲得して自ら決める!! 決勝PK弾のMF堂安「『やってやったぞ』という気持ちが大きかった」 gekisaka daihyo

コメントは受け付けていません。