サウジに苦戦も結果が出たことに満足の柴崎岳「意識を統一して戦えたことは収穫」

日本代表MF柴崎岳は、21日に行われた1-0で勝利したアジアカップ2019決勝トーナメント1回戦のサウジアラビア代表戦について「結果が出たことは満足ですし、勝つために徹したという感じですかね」と試合を振り返った。
ボールを握られる時間帯が多い展開も予想できたので、意識を統一できたことは収穫だったと思います「彼らは中央突破が非常に魅力的なところがあるので、僕と(遠藤)航のところがしっかりと中を締める、中でプレーさせないようにと考えていました。」
クロスは試合を通してそんなに怖くなかったので、なるべく中をやられないようにというのは心がけていました。アグレッシブに前から行くところは行きたかったですけれど、1点取りましたし、ある程度、守備的になってもしょうがないかなというところはあったので、仕方ない部分もあったと思いますインサイドハーフでの遠藤との連携についても「航とは上手く連携できたと思いますし、お互い声を掛け合いながら試合ごとに連携は良くなっている気はします」と手ごたえを感じたようだ。また、柴崎は自らがアシストしたCKからの冨安健洋の得点シーンについても言及した。
「彼らはそんなに大きくなかったですし、自分の想定していた展開ではセットプレーで点が取れれば非常に楽になるかなと思っていました。練習もしていましたし、練習の成果が出たんじゃないかと思います。」
この戦いを受け、柴崎にはいくつかの課題が映ったようだ。「追加点を決められるチャンスはあったと思います。そこを決めきれなかったことは課題だと思います。」
それに、親善試合も含めてもこういう戦い方というのはあまりしてこなかったので、精度を欠いたかなと思います「(守備から攻撃への切り替えは)まだまだだと思います。後半は特に引いた位置からボールを奪ってカウンターというのは前線の選手が消耗している中で、繰り出さないといけなかったです。」
個人的にはもうちょっと描いているイメージはあるので、それができれば前線の選手、チーム全体として楽に守備ができて、カウンターも精度良くできるんじゃないかなというイメージはありますさらに、この苦しみながら手にした勝利がこの大会を勝ち上がっていくうえで大きな経験になると柴崎は強調した。「(これは大きな糧になるかの問いに)それは間違い無いですね。これだけギリギリの戦いを繰り返すことが大事だと思いますそして、3日後にはベスト4をかけて準々決勝を戦う。」

 
ref
 

Bambi @Bambism

サウジはリーマ王女を同国初の女性大使としてアメリカ大使に任命。同王女は前のアメリカ大使の娘。女性大使、女性閣僚、女性企業家、女性アンカー等々は、女性の解放と活躍を印象付ける「道具」としてまだまだ有効活用できる。 …

ryokusai @WILLCOM_shine

【謹告】宗教の視点から社会をえぐる宗教ジャーナリズム誌、季刊『宗教問題』最新号25号がアマゾンで予約可となりました。昨秋のカショギ記者殺害事件を巡る特集「サウジvsトルコ」、大阪都構想に揺れる創価学会、伝統仏教の不祥事など盛り沢山。どう…

ピロン @osrKwjY3HSwmQrM

ソコトがイスラエルと同床異夢するよりも、サウジのザンジュ国家として奉仕し利用されるルートを取った方が長続きしそうだな。ソコトはサウジに志願兵など様々な出稼ぎ労働者を安定供給することで仕送られ、モスク建設や留学先としてサウジに面倒見てもらう国にしよう。目指すは黒いグルカ兵。

けんけんjuventini @CR7_Juve

【 JP】 サウジに苦戦も結果が出たことに満足の柴崎岳「意識を統一して戦えたことは収穫」

コメントは受け付けていません。